Amazonチャージで1000円キャンペーン

【Anker PowerWave 10 Padレビュー】iPhoneシリーズ対応のパッド型Qiワイヤレス充電器

どうも、iPhone 11 Proユーザーのマクリン( @Maku_ring)です。

出張の多いワタクシはスタンド型のワイヤレス充電器を持ち歩いています。

USB充電器なしのAnker PowerWave 7.5 Stand

マクリン

良い充電器なのですが、スタンド型ってカバンに入りづらいんですよね……。
 
持ち運びやすいワイヤレス充電器があるといいのにね。

ヨメ

 

マクリン

実はそんなワイヤレス充電器が出ましたぞ!
 
それがこちら、パッド型Qiワイヤレス充電器「Anker PowerWave 10 Pad」です。


MEMO
iPhone 11/11 Pro/11 Pro Max/XS / XS Max / XRだけでなく、X / 8 / 8 Plusのワイヤレス充電にも対応しています。
 
こちらの製品はスリム&コンパクトなパッド型充電器というだけでなく、iPhone用ワイヤレス充電器として最高出力である、最大7.5Wに対応しています。
 

ヨメ

ねえねえ、7.5Wってすごいの?
 
ふっふっふ、それは後ほど説明しましょう。

マクリン

 
そんなわけで本記事は「【Anker PowerWave 10 Padレビュー】iPhoneシリーズ対応のパッド型Qiワイヤレス充電器」について書いていきます。

この記事の著者
マクリン

ガジェットブロガー

マクリン

Makurin

プロフィール

東京在住のサラリーマンです。ガジェット8割・家電2割の比率で、さまざまな商品をレビューしています。Instagramもやってます。 プロフィール詳細

Anker PowerWave 10 Padの外観と付属品

Anker社の「Anker PowerWave 10 Pad」は、iPhone 11/11 Pro/11 Pro Max/XS/XS Max/XR対応のパッド型Qiワイヤレス充電器です。

Anker PowerWave 10 Padの外観
 

サイズは直径11.0cm、重さは約95gでコンパクトかつ軽量。

Anker PowerWave 10 Padは直径11.2cm、重さは約95gでコンパクトかつ軽量
 
厚さもわずか1.2cmしかありません。

Anker PowerWave 10 Padの厚さは1.2cm

マクリン
これだけ薄くて軽いと持ち運びにも困りませんね!

デザインもシンプルで、側面に充電用のマイクロUSB端子があるのみです。

Anker PowerWave 10 Padの側面に充電用のマイクロUSB端子
 
同梱品は充電器本体とマイクロUSBケーブルです。

Anker PowerWave 10 Padの付属品は本体とマイクロUSBケーブル

注意
USB充電器は付いていませんので別途ご用意ください。
 
iPhoneだけでなく、実はあらゆるワイヤレス充電対応機器と互換性があります。

マクリン
ワイヤレス給電規格のQi認証ももちろん取得済みですよ!

Anker PowerWave 10 Padは充電中にもずれにくいゴム素材

ヨメ

ねえねえ、平置きタイプの充電器って充電中にずれ動くイメージがあるんだけど大丈夫なの?
 
ふっふっふ、Anker PowerWave 10 Padはそこらへんも抜かりないのだよ。

マクリン

 
Anker PowerWave 10 Padは表面を滑りにくくするため、ゴム加工が施されています。

Anker PowerWave 10 Padは滑りにくいゴム加工
 
表面だけでなく、裏面まで加工がきっちり行き届いています。

Anker PowerWave 10 Padは裏面までゴム加工
 
スマホを置いてAnker PowerWave 10 Padを斜めに傾けてみましたが、少しずれる程度でゴムのグリップがしっかり効いていました。

Anker PowerWave 10 Padはスマホを斜めにしてもずれ落ちない

マクリン
スマホのバイブでも位置がずれないので、安心して充電できますね!

Sponsored Links

 

Anker PowerWave 10 PadはiPhoneに最大7.5Wでワイヤレス充電可能

Anker PowerWave 10 PadはiPhoneをポンと置くだけで、台座のLEDが青く点灯し、充電が開始します。


 
しかもQC3.0対応USB充電器を併用することで、iPhoneに7.5W出力の急速充電が可能です。

注意
QC3.0対応のUSB充電器でないと、Anker PowerWave 7.5 Padの充電能力が100%発揮されません。
Anker PowerWave 7.5 PadはQC3.0対応USB充電器の併用でiPhoneに最大7.5Wでワイヤレス充電可能
 

ヨメ

ねえねえ、7.5W出力ってすごいの?
 
ワイヤレス充電ではかなり高出力だよ!

マクリン

Anker PowerWave 10 Padは7.5W出力の急速充電が可能

MEMO
Samsung Galaxy S9+/S9/S8/S8+/S7 edge/S7/S6 edge+/Note 8・LG G7 / G7+ / V30+ / V30 / V35・Sony XZ2 / XZ2 Premiumは、10W出力の急速充電が可能です。
 
ワット数は、電流と電圧の掛け算で決まります。

ワット数
ワット数(W) = 電圧(V) x 電流(A)

QC3.0対応のUSB充電器を使うことで、5Vの電圧をキープすることが可能であり、7.5W出力はつまり1.5A (= 7.5W / 5V)の電流をiPhoneに流せることになります。

一般的にスマホの急速充電に必要な電流値は1.0A以上であるため、1.5Aが充分すぎる値であることが分かるでしょう。

急速充電の電流値

  • ガラケー 0.5A
  • スマホ 1.0A
  • タブレット  1.5A

 
高出力を活かしたAnker PowerWave 10 Padの特長が充電速度の速さです。

Anker PowerWave 10 Padは他のワイヤレス充電器に比べ、充電速度が格段に速い

マクリン
他の充電器に比べて1.3〜1.4倍ほど充電速度が速いんですよ!
 
実際にAnker PowerWave 10 Padをカラの状態からフル充電してみたところ、約3時間半で到達したので、公称値に間違いありませんでした。


 
また、5mm未満の厚みならスマホケース・バンパーをつけたままでも充電が可能という、かゆいところに手が届いた設計です。

5mm未満の厚みならスマホケース・バンパーをつけたままでもAnker PowerWave 10 Padでの充電が可能

マクリン
持ち運びやすいワイヤレス充電器を買うならコレしかないでしょう!

Anker PowerWave 10 Padレビューまとめ

本記事は「【Anker PowerWave 10 Padレビュー】iPhoneシリーズ対応のパッド型Qiワイヤレス充電器」について書きました。

Anker PowerWave 10 Padは軽量かつコンパクト、ゴム素材、高速充電など、さまざまな特長が詰め込まれたパッド型ワイヤレス充電器です。

iPhone 11 Proをはじめ、ワイヤレス充電に対応した機器をお持ちであれば、まよわず導入すべき一品でしょう。

どうも、マクリン( @Maku_ring)でした。

【置くだけ充電】今すぐ買うべきiPhoneにおすすめのQiワイヤレス充電器5選 【Anker PowerWave II Standレビュー】最大15W出力可能なスタンド型ワイヤレス充電器 【Anker PowerWave II Padレビュー】最大15W出力可能なパッド型ワイヤレス充電器 【Anker PowerWave+ Pad with Watch Holderレビュー】iPhoneとApple Watchが同時充電できるワイヤレス充電器 【2020年】iPhoneと一緒に買うべき周辺機器・アクセサリー12選【おすすめ】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

マクナビ