おすすめのガジェット

Anker PowerExpand 4-in-1 USB-C SSDハブをレビュー!ハブとストレージの1台2役

評価:4

どうも、MacBookユーザーのマクリン( @Maku_ring)です。

USBポート数の少ないMacやノートPCにとってUSBハブは欠かせません。

また、内蔵のストレージ容量が少ない場合や大容量の動画データをあつかう場合、外付けSSDはいくつあっても足りないほどです。

僕自身もこれら2つのアイテムを常備しているわけですが、荷物をなるべく減らしたい人にとってはわずらわしいわけで。

マクリン
ハブと外付けSSDが合わさったデバイスないのかな…?

そんな僕のココロをギュッと掴むアイテムがついに出ました。

ANKERの「PowerExpand 4-in-1 USB-C SSDハブ」です。

Anker PowerExpand 4-in-1 USB-C SSDハブの外観

容量256GBのSSDストレージの機能をもちつつ、PD対応USB-CポートとHDMI、2つのUSB-Aポート(USB 3.0)を搭載するUSBハブに仕上がっています。

しかもパススルー充電に対応し、充電ケーブルとノートPCの間に本機を介することで、USBハブに給電しつつPCも充電できます。

マクリン
ポートをムダにせず効率的に使えますよ!

ケーブルもスマートに格納できるなど、細かい配慮の行き届いた製品なので、外観やその特徴を紹介していきます。

メリット
  • SSDとハブのハイブリッド仕様
  • 4-in-1のマルチハブ
  • パススルー充電対応
  • USB-Cケーブルが格納可能
デメリット
  • ポート数が少ない
  • ストレージ容量が少ない
  • USB-Cが映像出力非対応
  • 充電用ポートがない
ご提供品
本記事はANKER JAPAN様から商品を提供いただき作成しています。
この記事の著者
マクリン

ガジェットブロガー

マクリン

Makurin

プロフィール

いや、俺なんてそんな、どこにでもいるただのマクリンですよ。当サイトでは、さまざまなガジェット・家電をレビューしています。「家電最前線」のパーソナリティ、「Yahoo! JAPANクリエイターズプログラム」のモノ/ガジェットクリエイターとしても活動。合同会社makuri代表。プロフィール詳細レビューガイドライン・理念

Anker PowerExpand 4-in-1 USB-C SSDハブの外観

PowerExpand 4-in-1 USB-C SSDハブは、4つの端子を有するUSB-Cハブです。

Anker PowerExpand 4-in-1 USB-C SSDハブは4つの端子を有するUSB-Cハブ

製品名 Anker PowerExpand 4-in-1 USB-C SSDハブ
重量 約36g
サイズ 約134 x 51 x 15mm
カラー スペースグレイ
接続インターフェース USB Type-Cコネクタ
USB-Cポート規格 USB PD(最大100入力 / 最大88W出力対応)
USB-Aポート規格 USB 3.0(最大5Gbps / USB 3.2 Gen 1)
HDMI 4K(30Hz)出⼒対応

 
本体は樹脂で質感はふつうですが、色はスペースグレイで、Apple製品とも相性の良いカラーリングとなっています。

Anker PowerExpand 4-in-1 USB-C SSDハブのカラーはスペースグレイ
 
ケーブルが飛び出すモデルも多い中、本モデルは編み込み式の丈夫なUSB-Cケーブルを格納でき、スマートに持ち運べます。

Anker PowerExpand 4-in-1 USB-C SSDハブはUSB-Cケーブルを格納できる

 
USBハブとしてサイズは小さいわけではないものの、ハブとストレージが一体化したと考えると、がんばって抑えているほうです。

Anker PowerExpand 4-in-1 USB-C SSDハブのサイズは約134 x 51 x 15mm

iPhone 12 miniをスリムにしたサイズ感

 
重量は約117gとスマホの約半分くらい。

Anker PowerExpand 4-in-1 USB-C SSDハブの重量は約117g
 
付属品は本体とトラベルポーチです。

Anker PowerExpand 4-in-1 USB-C SSDハブの同梱品
 
バッグに無造作に入れて持ち運ぶ機会が多いだけに、本体を保護できるポーチの存在はありがたし。


Anker PowerExpand 4-in-1 USB-C SSDハブのレビュー

Anker PowerExpand 4-in-1 USB-C SSDハブにそなわる4つのポートは以下のとおりです。



PowerExpand 4-in-1 USB-C SSDハブの端子類
  1. USB-C(USB PD)
  2. USB-A x 2(USB 3.2 Gen 1)
  3. HDMI(4K/30Hz対応)
 
各ポートにスポットをあてつつ、本機の特徴を紹介していきます。

 

256GBのSSDとしても使用可能

Anker PowerExpand 4-in-1 USB-C SSDハブは本体に256GB分のストレージを内蔵し、外付けSSDとしても使用できます。

Anker PowerExpand 4-in-1 USB-C SSDハブは256GBのSSDストレージでも使用可能

MEMO
256GBは約40,000枚分の写真データが保存できる容量です。
 
MacBookをはじめとするUSB-C搭載ノートPCにくわえ、iPad Proの拡張ストレージとしても活用でき、重宝します。



 
MacBook Proに接続して速度を計測したところ、読み込み速度・書き込み速度ともに最大400MB/sに迫り、転送速度としては充分。

Anker PowerExpand 4-in-1 USB-C SSDハブのSSD読み書き速度
 
ノートPCの動画データをAnker PowerExpand 4-in-1 USB-C SSDハブに移してみたところ、約7GBを約16.5秒で移動できた(約424MB/s)ので、400MB/sを上回る速度が確認できました。


 

最大100W入力のUSB-Cポートと最大88W出力のUSB-Cケーブル搭載

映像出力には対応していないものの、最大100W入力のPD対応USB-Cポートを搭載しています。

Anker PowerExpand 4-in-1 USB-C SSDハブのUSB-Cは最大100W入力に対応
 
最大100W対応のUSB-C充電器を組み合わせれば、12Wをハブ本体の給電に利用しつつ、残り88Wを付属のUSB-Cケーブルからの出力に使うことができます。

マクリン
つまり、パススルー充電対応ということ!

MacBook Pro 16インチのように高出力のノートPCであっても、PC本体を急速充電しつつ、そのままハブも使えるので利便性はかなり高いです。


Anker PowerExpand 4-in-1 USB-C SSDハブのUSB-Cは最大88W出力に対応

MacBook Pro 16″(82.2W)

最大5Gbps対応のUSB-Aポートを2つ搭載

Anker PowerExpand 4-in-1 USB-C SSDハブは、最大5Gbps対応のUSB-A(USB 3.2 Gen 1)を2つ搭載しています。


 
USB 3.0対応のUSBメモリも活かせるので、そこそこの高速転送に対応し、汎用性は高めです。

Anker PowerExpand 4-in-1 USB-C SSDハブのUSB-AはUSB 3.2 Gen 1に対応
 

4K/30Hz対応のHDMI搭載

映像出力端子には4K/30Hz対応のHDMIポートをそなえています。

Anker PowerExpand 4-in-1 USB-C SSDハブのHDMIは4K対応
 
4K対応の高精細ディスプレイに出力でき、作業効率の高いデュアルディスプレイとしても重宝します。


 
USB-Aのデータ転送やノートPCに充電しつつ、映像出力も可能なので汎用性は抜群。

Sponsored Links

 

Anker PowerExpand 4-in-1 USB-C SSDハブはこんな人におすすめ

Anker PowerExpand 4-in-1 USB-C SSDハブは「映像出力・ストレージ機能をあわせもつハブが欲しい人」におすすめです。

ポート数が少ない・容量が少ない・充電用ポートがないという弱点はあるものの、ハイブリッドモデルという他にはない魅力をもっています。

一方、ストレージ機能はいらないのでポート数に特化したいという人は「Satechi On-The-Go マルチUSB-Cハブ」がおすすめです。

Anker PowerExpand 4-in-1 USB-C SSDハブレビューまとめ

本記事は「Anker PowerExpand 4-in-1 USB-C SSDハブをレビュー!ハブとストレージの1台2役」について書きました。

Anker PowerExpand 4-in-1 USB-C SSDハブは、SSDとしてのストレージ機能と4-in-1のハブ機能をもつ、唯一無二のUSB-Cハブです。

パススルー充電にも対応し、USBハブに給電しつつPCにも充電できるすぐれもの。

マクリン
ケーブルも格納できるので持ち運びに最適!

どうも、マクリン( @Maku_ring)でした。

メリット
  • SSDとハブのハイブリッド仕様
  • 4-in-1のマルチハブ
  • パススルー充電対応
  • USB-Cケーブルが格納可能
デメリット
  • ポート数が少ない
  • ストレージ容量が少ない
  • USB-Cが映像出力非対応
  • 充電用ポートがない
【Satechi On-The-Go マルチUSB-Cハブレビュー】快適環境を生み出せる9-in-1のUSB-Cハブ 【TUNEWEAR ALMIGHTY DOCK TB4レビュー】4K/60Hz対応HDMIを2つ持つパワフルなMacBook Pro/Air用USB-Cハブ 【Satechi Type-C Pro Hubレビュー】MacBook Pro用におすすめのアルミニウム製USB-Cハブ 【2018年】MacBook Proと一緒に買うべき周辺機器・アクセサリー8選【おすすめ】 【2021年】MacBook Pro/Airと一緒に買うべき周辺機器・アクセサリー20選【おすすめ】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です