アマゾン1,000円還元でお得に買い物する方法

【Anker GlassGuardレビュー】iPhone XS/X用の強化ガラス液晶保護フィルム【Amazon千円未満】

 
液晶保護フィルム不使用派だったマクリン( @Maku_ring)です。
 

マクリン
これらのことが気になって、なかなか手を出せなかったんですよね……。
  • フィルムとディスプレイの間に気泡・ホコリが入る
  • フィルムを貼る位置がぴったり決まらない
 
ホコリの混入がイヤすぎて、かつてはクリーンルームの中でフィルム貼り作業を行ったこともありますw

11万円超えの小さな高級機、iPhone XSを手にし、これを裸で扱うのはさすがにこわいと感じ、強化ガラスタイプの保護フィルムを導入することにしました。

フィルム貼りに万が一失敗したときの精神的ダメージも踏まえ、コスパを重視した結果、Ankerの「Anker GlassGuard iPhone XS/X用」を導入しました。

品質に全幅ぜんぷくの信頼が置けるガジェットメーカー、Ankerが出している強化ガラス液晶保護フィルムです。

こちらのAnker GlassGuard iPhone XS/X用は、Amazonで千円を切る格安設定ながら、フィルムの貼りやすさと品質を兼ね備えた高コスパフィルム。

本記事では「【Anker GlassGuardレビュー】iPhone XS/X用の強化ガラス液晶保護フィルム【Amazon千円未満】」について書いていきます。
 

強化ガラス液晶保護フィルム│Anker GlassGuard iPhone XS/X用の外観と付属品

Anker社の「Anker GlassGuard iPhone XS/X用」は、iPhone XS/X対応の強化ガラス製保護フィルムです。

強化ガラス液晶保護フィルム「Anker GlassGuard iPhone XS/X用」
 

強化ガラスにもかかわらず、フィルムの厚さはわずか0.33mmで、高い透明度を有しています。

Anker GlassGuard iPhone XS/X用のフィルム厚さはわずか0.33mm
 

同梱品はフィルム x 2、 気泡除去用カード(Squeeze Card)、調節フレーム、画面クリーニングツール x 2セットです。

Anker GlassGuard iPhone XS/X用の同梱品

マクリン
フィルム二枚入りはありがたいですね!

画面クリーニングツール(1セット)には、マイクロファイバークロス x 1・アルコールペーパータオル x 1・ホコリ除去用シール x 3ずつ入っています。


 

調節フレームは、フィルムの貼付位置を決める上できもとなる重要パーツです。

Anker GlassGuard iPhone XS/X用の調節フレーム

マクリン
iPhoneにはめ込むことで、フィルムの貼付位置がバッチリ決まりますよ!

それではフィルムの貼付方法を説明します。

 

強化ガラス液晶保護フィルム│Anker GlassGuard iPhone XS/X用の貼り付け方法

マクリン
Anker GlassGuard iPhone XS/X用の貼り付けは、落ち着いてやれば難しくありませんよ!
  • STEP.1
    画面を拭く
    ディスプレイをアルコールペーパー マイクロファイバークロスで拭き、 表面の汚れ・皮脂ひしを取り除きます。



  • STEP.2
    調節フレームのはめ込み

    iPhoneに調節フレームをはめ込みます。

    iPhoneにAnker GlassGuard iPhone XS/X用の調節フレームをはめ込む

  • STEP.3
    シールでホコリを取る

    作業中にも画面上に細かいホコリが載るため、除去用シールでホコリを取ります。

    Anker GlassGuard iPhone XS/X用のホコリ除去用シールでiPhoneのホコリを除去する

    マクリン
    この作業がフィルムへのホコリ混入を左右するので念入りにやりましょう!
  • STEP.4
    フィルムを画面に貼り付ける

    フィルムの粘着面を露出ろしゅつした後、フィルムの上面と調節フレームを合わせながら貼り付けます。



  • STEP.5
    フィルムを押してなじませる

    フィルムの粘着面が画面全体に行き渡っていくので、指で押して全体になじませます。


  • STEP.6
    調節フレームを外して気泡を取り除く
    調節フレームを外した後、気泡除去用カードを使って、フィルム内に残る気泡を取り除きます。


  • STEP.7
    フィルム貼付完了
    気泡の除去が完了したら、フィルムの貼り付けは終了です。


 

Sponsored Links

 

強化ガラス液晶保護フィルム│Anker GlassGuard iPhone XS/X用にホコリが入らないコツ

Anker GlassGuard iPhone XS/X用の貼り付け自体はカンタンだったのですが、一回目は残念ながら、ホコリが複数箇所に入ってしまいました……。

マクリン
あれだけ気をつけてたのに……。

ですが、一回目の失敗のおかげで、ホコリを混入しないようにするコツが分かりました。

ホコリが入らないコツ

  • ホコリ除去用シールの後にすばやくフィルムを貼り付ける
  • フィルムを貼り付けたら、粘着面の浸透を待たず、すぐに指で全体になじませる

 

特に後者の「貼付後すぐに指で画面全体になじませること」が重要で、一回のときは粘着面が行き渡るまで少し待機してしまったがゆえ、その間にホコリが入り込んでしまったのです。


 

この反省を活かした二回目は、フィルム貼付が完璧にできました。


 

マクリン
ホコリが入りやすい端っこもばっちり!


Anker GlassGuard iPhone XS/X用は周囲から2mm程度の余白があるため、バンパーを付けても干渉しません。

マクリン
愛用のREAL EDGEも違和感なく付けられましたよ!
 

Sponsored Links

 

強化ガラス液晶保護フィルム│Anker GlassGuard iPhone XS/X用は高い透過性と保護性能

Anker GlassGuard iPhone XS/X用の表面には、油分をはじくコーティングが施されているため、裸使用時より指の皮脂が格段に付きづらくなっています。

Anker GlassGuard iPhone XS/X用表面には撥油コーティング
 

フィルム表面はツルッとしており、操作性も貼付前後でまったく変わりませんでした。


 

フィルムの表面硬度は9Hです。気泡除去カードでかなり強めにこすりましたがノーダメージ。

ヨメ
ねえねえ、9Hってどれくらいの硬さなの?
 

マクリン
ヒトの爪が2H、通常の液晶保護フィルムが4Hだから、相当硬いんだよ。

たとえば8Hの鉛筆があったとして(めっちゃ硬そう)、それでガリガリこすっても傷つかないのが9Hだということです。

11万円超えのスマホを保護するフィルムとして、これくらいの硬さがあれば、安心して使えるのではないでしょうか。

保護性能にくわえ、もうひとつ大事なのが透過性


 

Anker GlassGuard iPhone XS/X用は0.33mmの極薄仕様で高い透過性を持っており、もはやフィルムがないと錯覚するほど、クリアに表示してくれます。

Anker GlassGuard iPhone XS/X用は0.33mmで高い透過性

マクリン
iPhoneを大切に使うなら、まよわず買うべき必需品ですね!
 

強化ガラス液晶保護フィルム│Anker GlassGuard iPhone XS/X用レビューまとめ

本記事は「【Anker GlassGuardレビュー】iPhone XS/X用の強化ガラス液晶保護フィルム【Amazon千円未満】」について書きました。

Anker GlassGuard iPhone XS/X用は、9Hの表面硬度に撥油はつゆコーティング、高い透明度を有する強化ガラス素材のフィルムです。

iPhoneは代々高級品になっているからこそ、画面の保護も大切にしたいもの。

マクリン
強化ガラス製なら安心ですね!

どうも、マクリン( @Maku_ring)でした。
 

【REAL EDGEレビュー】おすすめのiPhone XS/Xバンパーは頑丈なジュラルミン製 【iPhone XSレビュー】iPhone 7との違い比較・外観・基本操作・カメラ【機能まとめ】 【Anker PowerWave 7.5 Standレビュー】iPhone XS/XS Max/XR対応のQiワイヤレス充電器【最大7.5W】 【Anker PowerWave 7.5 Padレビュー】iPhone XS/XS Max/XR対応のパッド型Qiワイヤレス充電器 【2019年】iPhoneと一緒に買うべき周辺機器・アクセサリー9選【おすすめ】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です