マクリンのおすすめガジェット

【Ankerの急速充電器】今すぐ買うべき、おすすめ5モデル!

 
どうも、ガジェット(電子機器)大好きマクリン( @Maku_ring)です。

ガジェットの中でも特に充電器が好きで、新しいものが出るとすぐにポチってしまう習性があります。

中でも高確率で心を揺さぶってくるのがAnker(アンカー)の充電器。

デザイン性・機能性ともに完成度が高く、サイズも小ぶりにおさえているため、僕の心を毎回鷲掴わしづかみにするのです。

そんなわけで本記事は「【Ankerの急速充電器】今すぐ買うべき、おすすめ5モデル!」について書いていきます。
 

Anker(アンカー)のおすすめ充電器

Ankerの充電器は、ワイヤレス充電に対応したQiチー対応モデルからノートPCも充電できるPD対応モデルまで、さまざまなタイプがあります。

これまでいろいろな製品を使ってみた僕が、今も愛用している「Ankerのおすすめ急速充電器」にしぼってご紹介します。
 

Anker PowerWave 7.5 Stand

iPhone XSなど、ワイヤレス給電規格Qiに対応するスマホ用ワイヤレス充電器「Anker PowerWave 7.5 Stand」です。

Anker PowerWave 7.5 StandはiPhone XS/XS Max/XR対応のスタンド型Qiワイヤレス充電器
 

iPhone XSがぴったり収まるサイズ感となっています。

Anker PowerWave 7.5 StandはiPhone XSがぴったり収まるサイズ
 
内部に2つの充電コイルを搭載することで、タテヨコいずれの向きに置いても充電できるように設計されています。

Anker PowerWave 7.5 StandはiPhone XSを横向きに置いても大丈夫
 

本体にくわえ、QC(Quick Charge)3.0対応のUSB急速充電器が付いています。

Anker PowerWave 7.5 Standは折りたたみ式のQC3.0対応USB充電器付き

注意
QC3.0対応のUSB充電器でないと、Anker PowerWave 7.5 Standの充電能力が100%発揮されません。
 
Anker PowerWave 7.5 Standは、こちらの充電器を併用することで、iPhoneに7.5W出力の急速充電が可能となります。

Anker PowerWave 7.5 StandはiPhoneに最大7.5WでQiワイヤレス充電が可能
 
高出力を実現していることで、他のワイヤレス充電器にくらべ、1.3〜1.4倍ほど充電速度が速いのです。

Anker PowerWave 7.5 Standは他のワイヤレス充電器に比べ、充電速度が格段に速い
 
実際に充電したところ、約1時間半で50%に到達しましたので、フル充電まで3時間程度という公称に間違いありませんでした。

Anker PowerWave 7.5 StandでiPhone XSを充電する
 

マクリン
既存のiPhone X/8/8 Plusにも使えますし、いまワイヤレス充電器を買うならコレしかないでしょう!

Anker PowerWave 7.5 Standレビューはこちら

【Anker PowerWave 7.5 Standレビュー】iPhone XS/XS Max/XR対応のQiワイヤレス充電器【最大7.5W】  

Anker PowerWave 7.5 Pad

Anker PowerWave 7.5 Standとともに、もうひとつ導入をおすすめするワイヤレス充電器が、パッド型の「Anker PowerWave 7.5 Pad」です。

Anker PowerWave 7.5 Padの外観
 

こちらの大きな特長は、サイズが直径11cm x 厚さ1.2cm、重さもわずか約95gと軽量かつコンパクト設計であること。

Anker PowerWave 7.5 Padの厚さは1.2cm

マクリン
これだけ薄くて軽いと持ち運びにも困りませんね!

僕は先ほどのAnker PowerWave 7.5 Standを据え置き用、こちらのAnker PowerWave 7.5 Padを携帯用として使い分けています。
 

ポンと置くだけで、台座のLEDが青く点灯し、充電が開始するのは快適そのもの。


 

ヨメ
ねえねえ、平置きタイプの充電器って充電中にずれ動くイメージがあるんだけど大丈夫なの?
 
マクリン
ふっふっふ、そこらへんも抜かりないのだよ。
 
Anker PowerWave 7.5 Padは表面を滑りにくくするため、ゴム加工が施されています。

Anker PowerWave 7.5 Padは滑りにくいゴム加工
 

スマホを置いてAnker PowerWave 7.5 Padを斜めに傾けてみましたが、少しずれる程度でゴムのグリップがしっかり効いていました。

Anker PowerWave 7.5 Padはスマホを斜めにしてもずれ落ちない

マクリン
スマホのバイブでも位置がずれないので、安心して充電できますね!
 

QC3.0対応USB充電器を併用することで、Anker PowerWave 7.5 Standと同様、iPhoneに7.5W出力の急速充電が可能です。

Anker PowerWave 7.5 PadはQC3.0対応USB充電器の併用でiPhoneに最大7.5Wでワイヤレス充電可能

充電器付きはこちら
 

マクリン
持ち運びやすいワイヤレス充電器ならコレしかないでしょう!

PowerWave 7.5 Padレビューはこちら

【Anker PowerWave 7.5 Padレビュー】iPhone XS/XS Max/XR対応のパッド型Qiワイヤレス充電器  

Anker PowerPort Ⅱ PD

MacBookのアダプター代わりにも使え、かつ高機能なUSB充電器が「Anker PowerPort Ⅱ PD」です。

Anker PowerPort Ⅱ PD
 
こちらのUSBタイプC端子(USB-C)は、大容量の給電規格「Power Delivery(PD)」に対応しており、最大30Wの出力が可能です。

Anker PowerPort Ⅱ PDはUSBタイプAとタイプC端子を搭載

マクリン
MacBook Airなら急速充電、MacBook Proでも通常充電できるワット数なんですよ!
 
特筆すべきは、純正のアダプターよりもひと回り小さいコンパクトデザイン

Anker PowerPort Ⅱ PDはMacBook Pro純正アダプターよりひと回り小さいコンパクトデザイン
 
折りたたみプラグ式なのも使いやすい点です。

Anker PowerPort Ⅱ PDは折りたたみプラグ式
 
Anker PowerPort Ⅱ PDが素晴らしいのは、コンパクトでありながら、PD対応のUSB-CにくわえUSBタイプAまで備えていることです。

Anker PowerPort Ⅱ PDはPD対応のUSB-CとタイプA搭載
こちらのタイプA端子には、Ankerの独自技術「PowerIQ 2.0」を搭載しています。

PowerIQ 2.0とは平たく書くと「QC(Quick Charge)対応品もふくむ、あらゆるデバイスに合わせ、急速充電に最適な電流値を自動調整してくれる機能」。
 

マクリン
これ一台でMacBook ProとiPhoneが充電できちゃう!
 
僕のようにMacを外へ持ち出す機会の多い人は、迷わず買うべき一品です。

注意
本体にはケーブルが付いていませんので、PD対応ケーブルが別途必要です。

Anker PowerPort Ⅱ PDレビューはこちら

【Anker PowerPort ll PDレビュー】MacBookとスマホ同時充電可の小型ACアダプター  

Anker PowerPort Atom PD 1

世界最小・最軽量のPD対応急速充電器「Anker PowerPort Atom PD 1」です。

最大出力は30Wであり、MacBook・MacBook Airならば急速充電できる高出力です。

Anker PowerPort Atom PD1はコンパクトサイズのUSB-C急速充電器

MEMO
iPad Pro、iPhone、Galaxy、Nintendo Switchなどにも急速充電可能です。
 

最大の特長はそのコンパクトさ

Anker PowerPort Atom PD1はコンパクトサイズ
 
幅35mm x 奥行41 x 高さ55mmであり、ノートPCまで充電できるアダプターとして世界最小サイズ

Anker PowerPort Atom PD1のサイズは幅35mm x 奥行41 x 高さ55mm
 
MacBook・MacBook Airの純正アダプター(30W)と比べても、ひと回り小さいです。

Anker PowerPort Atom PD1とMacBook Proの純正アダプターをサイズ比較
Anker PowerPort Atom PD1とMacBook Proの純正アダプターをサイズ比較

重さも純正アダプターの106gに対し、同じ出力にもかかわらず、約半分の54gという超軽量設計です。


Anker PowerPort Atom PD1の重さ

MacBook Proも充分な速度で充電できていました。

Anker PowerPort Atom PD1はMacBook Proも通常充電可能
 

MEMO
MacBook Pro(13インチ)は約2.5時間でフル充電が可能です。


 

USB-C電圧電流チェッカーでAnker PowerPort Atom PD1のワット数を比較したところ25.7Wであり、30W純正アダプター(25.8W)とほぼ変わらない高出力を示していました。

Anker PowerPort Atom PD1(25.7W)

30W USB-C電源アダプタ(25.8W)

マクリン
これぞまさに手のひらサイズの未来

Anker PowerPort Atom PD 1レビューはこちら

【Anker PowerPort Atom PD 1レビュー】MacBookも充電できる30Wの超小型USB PD充電器は窒化ガリウム採用  

Anker PowerPort Atom PD 4

4ポートタイプのUSB急速充電器「Anker PowerPort Atom PD 4」です。

Anker PowerPort Atom PD4は4ポートタイプのUSB急速充電器
 
 
PD対応USB-CとUSB-Aを2つずつ搭載しています。

Anker PowerPort Atom PD4はUSBタイプCポートとUSBタイプAポート x 2を搭載
 
PD対応USBの出力値として規格上限かつAnker史上最大の100W出力に対応しています。

Anker PowerPort Atom PD4は最大100Wの高出力

15インチMacBook Proの電源アダプターですら87Wで、しかもポート数はUSB-Cひとつ。
 

マクリン
Anker PowerPort Atom PD 4の出力値と拡張性の高さがよく分かりますね!

決して小型ではありませんが、100W出力かつ4ポートを踏まえると、110 x 85 x 34mmのパスポートサイズに抑えたのは、企業努力を感じます。

Anker PowerPort Atom PD4は110 x 85 x 34mmのパスポートサイズ
 

ポート数はちょうど「(左)AUKEY PA-Y10」と「(中)Anker PowerPort ll PD」を合体したイメージ。

Anker PowerPort Atom PD4のサイズ比較

これらのワット数がそれぞれ30Wと46Wで、両者を合わせてもAnker PowerPort Atom PD 4の100Wにはおよびません。

マクリン
Anker PowerPort Atom PD 4がいかにコンパクト設計なのか分かります!
 
 
重量は本体約370gでケーブル約90gなので、大きめ(20,000mAh)のモバイルバッテリーくらい。

Anker PowerPort Atom PD 4本体の重量
Anker PowerPort Atom PD 4ケーブルの重量
 
PD対応USB-Cは、ポート1つでも最大100W出力を実現するすぐれもの。

Anker PowerPort Atom PD4のPD対応USB-C
 
しかし、高出力機器を使用するにあたり、ひとつ注意すべきことがあります。

それはケーブルも100W対応のものを選ぶ必要があるということ。

100W対応のケーブル

充電器がいくら100W対応であったとしても、それを通すケーブルが対応していないと、出力値をそのまま発揮することができないからです。

ちなみにPD対応USB-CでMacBookを充電したところ、30Wあれば充分なのに対し、むしろ少し超える出力であり、実力の高さを感じさせる結果となりました。

MEMO
純正アダプターは30W仕様です。

ANKER x MacBook(約31.4W)

 

続いて「Anker PowerLine II USB-C & ライトニング ケーブル」を用い、USB-CからiPhone XSとiPadを充電しました。

Anker PowerLine II USB-C & ライトニング ケーブル

こちらのケーブルを使うことで、USB PDの高出力をそのままiPhone・iPadといったLightning端子への充電に活かすことができます。
 

マクリン
つまり、従来のUSB充電よりも高速充電が可能となりますよ!
 
出力値を確認したところ、iPhoneでは8.0W(4.86V/1.64A)、iPadでは11.9W(4.82V/2.47A)も出ていました。

ANKER x iPhone(約8.0W)

ANKER x iPad(約11.9W)

通常のUSB充電では、スマホ5W(5V/1A)・タブレット7.5W(5V/1.5A)で急速充電が可能であることを踏まえると、かなりの高速充電となります。

公称だとUSB PD充電は通常のUSB充電よりも約1時間短縮できるとされています(体感でも毎分1%回復していくので同等のイメージ)。


 
最大12W出力のUSB-Aは「PowerIQ」というAnkerの独自技術を搭載しています。

Anker PowerPort Atom PD4はPowerIQ対応USB-A搭載

PowerIQとは平たく書くと「デバイスに応じ、最大2.4Aまでの範囲の適切な電流値で充電する機能」です。
 

マクリン
つまり、どのデバイスにもベストマッチの電流を流せるということ!
注意
iPad・iPhone・Android端末を急速充電可能ですが、PowerIQはQuick Chargeには対応しておりませんので、ご留意ください。
 
スマホ・タブレットでは、以下のアンペア数を出力できれば、急速充電が可能です。

急速充電の電流値

  • ガラケー 0.5A
  • スマホ 1.0A
  • タブレット  1.5A

 
ガラケー・iPhone・iPadいずれも、電流値が適切な値に調整されていることが確認できました。

ANKER x ガラケー(0.55A)

ANKER x iPhone(1.17A)

ANKER x iPad(2.23A)

またAnker PowerPort Atom PD 4は、4ポート合計でも最大100W出力の設計となっています。

Anker PowerPort Atom PD 4は4ポート合計でも最大100W出力の設計
 
15インチMacBook Proは最大87Wですが、ほとんどのノートPCは最大45Wに収まります。

つまり、100Wもあれば「ノートPCを2台充電しつつ、残りの2ポートでスマホ充電」なんてことも1台の充電器で実現するのです。

Anker PowerPort Atom PD4は最大100W

マクリン
4台同時につなげても、ほとんどの組み合わせでフルスピード充電できちゃいます!

ためしに4台接続したところ、MacBook/MacBook Air/iPad/iPhoneの組み合わせでも、MacBookにつないだUSB-Cのワット数は約22W。

最大100Wの余裕を感じる懐の大きさでした。



コンパクトにして史上最大のパワフルさ。

Anker PowerPort Atom PD 4は、複数のUSB機器を一気に高速充電するのであれば、現状最強レベルのUSB充電器です。

Anker PowerPort Atom PD 4レビューはこちら

【Anker PowerPort Atom PD 4レビュー】最大100W出力対応の4ポートUSB急速充電器【USB-C&A搭載】  

Anker(アンカー)のおすすめ充電器まとめ

本記事は「【Ankerの急速充電器】今すぐ買うべき、おすすめ5モデル!」について書きました。

ひとえに充電器といっても、充電したいデバイスやポートの種類によって、その特徴はさまざまです。

Ankerの充電器は、モバイルバッテリーに比べて製品数は多くありませんが、どれも名作揃い。

おかげで僕みたいに複数台買ってしまう人が周りにも続出してますw

どうも、マクリン( @Maku_ring)でした。
 

【Anker PowerWave 7.5 Standレビュー】iPhone XS/XS Max/XR対応のQiワイヤレス充電器【最大7.5W】 【Anker PowerWave 7.5 Padレビュー】iPhone XS/XS Max/XR対応のパッド型Qiワイヤレス充電器 【Anker PowerPort ll PDレビュー】MacBookとスマホ同時充電可の小型ACアダプター 【Anker PowerPort Atom PD 1レビュー】MacBookも充電できる30Wの超小型USB PD充電器は窒化ガリウム採用 【Anker PowerPort Atom PD 4レビュー】最大100W出力対応の4ポートUSB急速充電器【USB-C&A搭載】 【Ankerのモバイルバッテリー】今すぐ買うべき、おすすめ9モデル!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です