ガジェットのおすすめ

Anker 737 Power Bank (PowerCore 24000)をレビュー!最大140Wの超高出力を実現するスマートディスプレイ搭載モバイルバッテリー

評価:4.5

ノートPC充電まで充電するなら、20,000mAhのモバイルバッテリーがおすすめのマクリン( @Maku_ring)です。

マクリン
というのも、MacBookのバッテリー容量が20,000mAhなんですよね。

バッテリー容量だけでなく、ノートPCを充電するならMacBook Airでも30W、Pro(13インチ、2021)なら60W、Pro(16ンチ、2021)だと140Wという超高出力が必要になります。

充電器だとこの出力をカバーできるモデルがいくつかあるものの、モバイルバッテリーではなかなか無いのが現状でした。

数ある20,000mAhクラスのモバブで、最大140W出力のポートをそなえるモデルが「Anker 737 Power Bank (PowerCore 24000)」です。

Anker 737 Power Bank (PowerCore 24000)の外箱

単ポートでも複数同時接続でも合計140W出力に対応し、あらゆるノートPCの急速充電に対応しています。

3ポート搭載で、MacBook Pro・iPhone 14 ProAirPods Proをコレ1つで同時充電可能です。

ほかにも、本体充電しながらデバイス充電できるパススルー機能に対応していたり、スマートディスプレイでリアルタイム出力を確認できるなど、使い勝手にもすぐれています。

そこで本記事は外観とサイズ・重量、出力面を紹介していきます。

メリット
  • 最大140W入出力対応
  • 合計最大140W出力対応でノートPC2台同時充電可能
  • スマートディスプレイ搭載で各情報が分かりやすい
  • パススルー充電対応
  • PPS対応
デメリット
  • 大きくて重い
ご提供品
本記事はアンカー・ジャパン様から商品を提供いただき作成しています。
この記事の著者
マクリン

ガジェットブロガー

マクリン

Makurin

プロフィール

いや、俺なんてそんな、どこにでもいるただのマクリンですよ。当サイトでは、さまざまなガジェット・家電をレビューしています。「Yahoo! JAPANクリエイターズプログラム」のモノ/ガジェットクリエイターとしても活動し、22年4月には書籍「マクサン式Webライティング実践スキル大全」を出版。株式会社makuri 代表取締役。プロフィール詳細レビューガイドライン・理念

Anker 737 Power Bank (PowerCore 24000)の外観とサイズ・重量

Anker 737 Power Bank (PowerCore 24000)は、MacBook 約1回分・iPhone 約5回分の充電に相当する、24,000mAhの超大容量モバイルバッテリーです。

Anker 737 Power Bank (PowerCore 24000)は24,000mAhの超大容量モバイルバッテリー

製品名 Anker 737 Power Bank (PowerCore 24000)
サイズ 約156 x 55 x 49 mm
重さ 約632g
バッテリー容量 24,000mAh
出力ポート数 3(USB-C x 2 / USB-A)
出力 USB-C 1/2:5V 3A/9V 3A/15V 3A/20V 5A/28V 5A(最大140W)
USB-A:5V 3A/9V 2A/12V 1.5A(最大18W)
入力 USB-C 1:5V 3A/9V 3A/15V 3A/20V 5A/28V 5A(最大140W)

 
外観はシルバーとブラックのツートーンで、ボディ部分のしっとりした触感が、上質な雰囲気をまとっています。


 
天面はUSBポート面となっています。

Anker 737 Power Bank (PowerCore 24000)のUSBポート面
 
側面はボーダー模様でスタイリッシュな印象を受けます。


 
もう一方の側面には電源ボタンが付き、1回押すとディスプレイ表示、2回押すとイヤホンやスマートウォッチの充電に適した「低電流モード」に切り替わります。

Anker 737 Power Bank (PowerCore 24000)の電源ボタン
 
上部にはスマートディスプレイを搭載し、通常のモバイルバッテリーよりも細かな情報を確認できるようになっています。

Anker 737 Power Bank (PowerCore 24000)のスマートディスプレイ
 
電源ボタンを押すたび「バッテリー残量」「状態(温度・トータル入出力・劣化状態・使用回数)」「オートスクリーンのオンオフ」に切り替わっていきます。




 
充電時はこのように各ポートの入力と出力、それからフル充電までに要する時間が表示されます。

Anker 737 Power Bank (PowerCore 24000)の充電時のスマートディスプレイ

マクリン
ここまで明快に分かるのはありがたいですね!

サイズは約156 x 55 x 49 mmとメガネケース・長財布くらいの大きさで、けっこうゴツめ

Anker 737 Power Bank (PowerCore 24000)のサイズは約156 x 55 x 49 mm

 
重量は約632gとかなりずっしりしています。

Anker 737 Power Bank (PowerCore 24000)の重量は約632g
 
付属品は本体と収納ケース、140W USB-C & USB-C ケーブル(0.6m)です。

Anker 737 Power Bank (PowerCore 24000)の付属品

Anker 737 Power Bankのレビュー

Anker 737 Power Bank (PowerCore 24000)の性能面を紹介していきます。

 

最大140Wの入出力に対応

Anker 737 Power Bank (PowerCore 24000)のUSB-C1はなんと最大140W入力に対応し、既存のモバイルバッテリーでも最高入力での本体充電が可能です。

Anker 737 Power Bankは最大140W入力に対応

注意
ケーブル・充電器ともに140W以上に対応してないと、140W入力は不可能なので注意ください。
 
パススルー充電にも対応し、USB-C1で本体を充電しながらUSB-C2でデバイス充電といったこともできます。


Anker 737 Power Bankはパススルー充電対応
 
USB-C1・C2ともに単ポートなら最大140W出力に対応し、MacBook Pro(16インチ、2021)の急速充電すらカバーできる超高出力です(僕のもってるMacBook Proはひとつ前なので最大100Wです……)

Anker 737 Power Bankは最大140W出力対応

MacBook Pro(93.9W)

注意
MacBook Pro(16インチ、2021)へは、本製品をUSB-C to MagSafe 3ケーブルで接続した場合のみ、140Wで出力が可能です。
 
USB-C1・C2ともにPPSに対応し、Galaxy S21のようなPPS対応スマホであれば超急速充電に対応しています。

Anker 737 Power BankはPPSに対応
 
USB-A側は最大18W出力対応なので、スマホ・イヤホン・スマートウォッチの急速充電に適しています。

Anker 737 Power BankのUSB-Aは最大18W入力に対応
 

2・3ポート接続時は合計140W出力に対応

USB-Cの2ポート接続時も合計最大140W出力に対応し、MacBook Proの2台同時充電まで可能なパワフルぶりを発揮します。

Anker 737 Power Bankの2ポート接続時は合計最大140W出力対応

 
3ポート接続時も合計140W出力であり、60WクラスのノートPCを2台充電しつつ、スマホ・イヤホンを同時充電するといったことも可能です。

Anker 737 Power Bankの3ポート接続時は合計最大140W出力対応

Anker 737 Power Bankはこんな人におすすめ

Anker 737 Power Bank (PowerCore 24000)は「ノートPCも複数台充電できる超大容量モバイルバッテリーがほしい人」におすすめです。

最大140W入出力という超パワフルぶりだけでも選ぶ価値がありますが、各情報を確認できるスマートディスプレイが使いやすく、実用性にもすぐれています。

24,000mAhというモバイルバッテリー上限レベルの超大容量バッテリーだけに、サイズと重量面で気軽に持ち運べるとはいいがたいですが、それさえ許容できるならかなりおすすめです。

Anker 737 Power Bankレビュー

本記事は「Anker 737 Power Bank (PowerCore 24000)をレビュー!最大140Wの超高出力を実現するスマートディスプレイ搭載モバイルバッテリー」について書きました。

Anker 737 Power Bank (PowerCore 24000)は単ポートでも複数ポートでも合計140W出力に対応し、視認性の高いスマートディスプレイもそなえる機能に富んだモバイルバッテリーです。

マクリン
ノートPCを複数台カバーするモバイルバッテリーならこれっきゃない!

どうも、マクリン( @Maku_ring)でした。

メリット
  • 最大140W入出力対応
  • 合計最大140W出力対応でノートPC2台同時充電可能
  • スマートディスプレイ搭載で各情報が分かりやすい
  • パススルー充電対応
  • PPS対応
デメリット
  • 大きくて重い
YouTube
動画でも紹介しています。

CIO SMARTCOBY TRIO 65Wをレビュー!最大95W出力でPC2台同時充電できる20,000mAhのモバイルバッテリー 【Anker PowerCore III 19200 60Wレビュー】60Wの入出力ポートを搭載し、3台同時充電できる20,000mAhクラスのモバイルバッテリー 【超大容量】20000mAhモバイルバッテリーのおすすめ6選【小型・最軽量モデルも】 【2022年】モバイルバッテリーのおすすめとその選び方【PD・Qi対応・大容量・薄型】【2022年】モバイルバッテリーのおすすめとその選び方【PD・Qi対応・大容量・薄型】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。