ガジェットのおすすめ

Anker 735 Charger (GaNPrime 65W)をレビュー!出力自動振り分けに対応する3ポートUSB充電器

評価:4

持ち運ぶなら、3ポート充電器がおすすめのマクリン( @Maku_ring)です。

ノートPC・スマホ・イヤホンなど、充電を要するデバイスを複数常備するからこそ、3ポートくらいあったほうが安心。

ただ、そのときどきで充電デバイスが「ノートPC + スマホ」や「タブレット + イヤホン」だったりするので、ポートによらず最適な出力に分けてほしいところ。

まさにそんなニーズにぴったりのモデルが、Ankerアンカーの「735 Charger (GaNPrime 65W)」です。

Anker 735 Charger (GaNPrime 65W)の外箱
 
Ankerの新技術「GaNPrime」を投入し、小型化・超高出力化・安全性をより高めた一品です。

ANKERのGaNPrimeとは

3ポートのうち、2つのUSB-Cは最大65Wまでの範囲内で、つなげるデバイスによって最適な出力に配分する機能(Dynamic Power Distribution機能)も搭載しています。

さらに、3ポート接続時もMacBook Air + iPhone + イヤホン(スマホ)の同時充電が可能と、汎用性にすぐれています。

マクリン
おまけにPPSにも対応!

そこで本記事は外観とサイズ・重量比較、出力面を紹介していきます。

メリット
  • USB-Cなら機器によって最適な電力分配を実現
  • 1ポート使用で14インチMacBook Pro急速充電可能
  • PPS対応
デメリット
  • 同クラス最小最軽量ではない
  • Dynamic Power DistributionはUSB-Cのみ対応
ご提供品
本記事はアンカー・ジャパン様から商品を提供いただき作成しています。
この記事の著者
マクリン

ガジェットブロガー

マクリン

Makurin

プロフィール

いや、俺なんてそんな、どこにでもいるただのマクリンですよ。当サイトでは、さまざまなガジェット・家電をレビューしています。「Yahoo! JAPANクリエイターズプログラム」のモノ/ガジェットクリエイターとしても活動し、22年4月には書籍「マクサン式Webライティング実践スキル大全」を出版。株式会社makuri 代表取締役。プロフィール詳細レビューガイドライン・理念

Anker 735 Charger (GaNPrime 65W)の外観とサイズ・重量

Anker 735 Charger (GaNPrime 65W)」は3ポートタイプの65WクラスUSB急速充電器です。

Anker 735 Charger (GaNPrime 65W)は3ポートタイプの60WクラスUSB急速充電器

製品名 Anker 735 Charger (GaNPrime 65W)
サイズ 約66 × 38 × 29mm
重さ 約124g
出力ポート数 3(USB Type-C x 2 / USB Type-A)
USB出力 USB-C 1/2:5V 3A/9V 3A/12V 3A/15V 3A/20V 3.25A(最大65W)
USB-A:4.5V 5A/5V 4.5A/5V 3A/9V 2A/12V 1.5A(最大22.5W)

 
USB-Cの1ポート接続時は上下いずれも最大65W出力なのと、USB-Cの2ポート接続時に最大65Wの範囲内で出力を最適に配分してくれます。

USB-C(上) USB-C(下) USB-A Total
65W 65W
65W 65W
22.5W 22.5W
最大65W内で最適に振り分け 65W
合計65W 合計65W 65W
合計24W 24W
合計65W 65W

 
表面はサラリとした高級感のある触り心地で、燦然さんぜんと浮かぶ「GaNPrime」がかっこいいです。

Anker 735 Chargerの表面
 
背面には折りたたみ式プラグを搭載しています。

Anker 735 Chargerは折りたたみプラグ搭載
 
本機のサイズは約66 × 38 × 29mmの筒形状で、卵よりやや横幅はあるものの、高さは同程度におさまっています。

Anker 735 Chargerのサイズは約66 × 38 × 29mm
 
同クラス3ポート最小の「NovaPort TRIO 65W」と比べ、横幅は若干広いものの、高さはおさえられています。

Anker 735 ChargerとNovaPort TRIO 65Wのサイズ比較

 
前モデル「Anker PowerPort III 3-Port 65W Pod」とはほぼ同サイズですが、USB-C上下いずれも65W対応になったことで、ポートのアイコンが「PC + スマホ」から「PCのみ」に変わりました。

Anker 735 ChargerとPowerPort III 3-Port 65W Podのサイズ比較

 
Apple 67W USB-C電源アダプタ(14インチMacBook Pro充電器)の半分程度なのにくわえ、30W USB-C電源アダプタ(MacBook Air充電器)とも遜色ないサイズ感。

Anker 735 ChargerとApple 67W USB-C電源アダプタで比較
Anker 735 ChargerとApple 30W USB-C電源アダプタで比較

 
重量は約124gNovaPort TRIO 65Wにはさすがにおよばないものの、同クラスのApple充電器から80g程度軽い設計です。


CIO NovaPort TRIO 65Wの重量は約92g

 
ケーブルは別売りなので「Anker 765 USB-C & USB-C ケーブル」「PowerLine Ⅲ Flow USB-C & ライトニング ケーブル」がおすすめです。

Anker 765 USB-C & USB-C ケーブル
Anker PowerLine Ⅲ Flow USB-C & ライトニング ケーブル

Anker 735 Chargerのレビュー

Anker 735 Charger (GaNPrime 65W)の特徴を紹介していきます。

 

USB-CはPDとPPSに対応

Anker 735 Charger (GaNPrime 65W)のUSB-Cはいずれも単ポート最大65W出力に対応し、13・14インチMacBook Proの急速充電が可能です。

Anker 735 ChargerのUSB-Cは最大65Wに対応

MacBook Pro(59.5W)

 
スペックではうたわれていないもののPPSにも対応し、PPS対応スマホのGalaxy S21で「超急速充電」と20W以上の出力が確認できました。

Anker 735 ChargerはPPSに対応

Galaxy S21(20.1W)

 
USB-A側でもスマホの急速充電は十分可能です。


Galaxy S21(14.1W)

 

USB-CのみDynamic Power Distribution機能に対応

USB-Cのみ「Dynamic Power Distribution機能」という出力の振り分け機能に対応しています。

USB-C複数ポート接続時に最大65Wまでの範囲内で、各デバイスに適切な出力に分配してくれる機能です。

例えばMacBook 2台のときは充電器側もそれを認識し、30Wずつ出力されます。

Anker 735 ChargerはDynamic Power Distribution機能対応

MacBook (31.9W / 27.8W)

 
つづいてノートPC + スマホで充電すると、これらは45W + 20W出力に配分されます。


MacBook / スマホ(42.7W / 14.4W)

注意
Dynamic Power Distribution機能はUSB-Cポートのみ対応しており、USB-Aポートには対応していません。
マクリン
ポートを気にせず、いろいろなデバイスを組み合わせられるのは便利!

3ポート接続時はノートPC・スマホ・イヤホンの同時急速充電可能

3ポート接続時の出力配分は明記されていないものの、40W + 15W + 10Wに分配されるようで、MacBook Air + iPhone 13 + AirPodsといった組み合わせでも一気に急速充電できます。

Anker 735 Chargerの3ポート接続時はMacBook AirとiPhone、AirPodsで急速充電可能

28W / 11.1W / 9.7W

マクリン
使いやすい出力配分ですね!

Anker 735 Chargerはこんな人におすすめ

Anker 735 Charger (GaNPrime 65W)は「ノートPC・スマホ・イヤホンを同時充電したい人」におすすめです。

3ポートでそこそこの小型軽量設計におさめつつ、Dynamic Power Distribution機能やPPS対応など、汎用性に長けています。

同クラスの3ポートでは本機とCIO NovaPort TRIO 65Wのみ出力自動振り分け機能に対応しているので、サイズ・重量をとるか、ブランド力をとるかで決めるといいでしょう。

Anker 735 Chargerレビューまとめ

本記事は「Anker 735 Charger (GaNPrime 65W)をレビュー!出力自動振り分けに対応する3ポートUSB充電器」について書きました。

Anker 735 Charger (GaNPrime 65W)は筒形状の小型3ポート充電器ながら、Dynamic Power Distribution機能やPPSに対応し、機能性を高めた一品です。

どうも、マクリン( @Maku_ring)でした。

メリット
  • USB-Cなら機器によって最適な電力分配を実現
  • 1ポート使用で14インチMacBook Pro急速充電可能
  • PPS対応
デメリット
  • 同クラス最小最軽量ではない
  • Dynamic Power DistributionはUSB-Cのみ対応
CIO NovaPort TRIO 65Wをレビュー!世界最小最軽量の3ポートUSB急速充電器 Anker 737 Charger (GaNPrime 120W)をレビュー!120Wクラスの3ポートUSB充電器 Anker PowerPort III 3-Port 65W Podをレビュー !最大65W出力の3ポートUSB充電器 UGREEN CD244をレビュー !クレカサイズ未満で最大65W出力の3ポートUSB充電器 Baseus CCGAN65S2をレビュー !最大65W出力で最小を実現する3ポートUSB充電器 【決定版】MacBook AirとProの代用充電器のおすすめをまとめてみた! 【おすすめ】Ankerの急速充電器で今すぐ買うべき10モデル 【おすすめ】今すぐ買うべきUSB急速充電器20選【スマホからPD対応まで】【おすすめ】今すぐ買うべきUSB急速充電器20選【スマホからPD対応まで】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。