楽天お買い物マラソンにエントリー

Anker 733 Power Bank (GaNPrime PowerCore 65W)をレビュー!MacBook Proも充電可能なバッテリー搭載USB充電器

評価:4.5

充電器モバイルバッテリーを1台で済ませるマクリン( @Maku_ring)です。

Anker 511 Power BankCIO SMARTCOBY Pro PLUGのように、コンセントプラグ搭載のモバイルバッテリーなら、コンセントを挿したときは充電器、そのまま使うと内蔵バッテリーで充電できるモバブで使えるので重宝します。

ただ、ノートPCも充電できる高出力モデルとなると、そう多くありません。

そんななか登場したのが、30W / 65W出力対応でノートPC充電でも使えるモデル「Anker 733 Power Bank (GaNPrime PowerCore 65W)」です。

Anker 733 Power Bank (GaNPrime PowerCore 65W)の外箱

充電器使用時なら最大65W、モバイルバッテリー使用時なら最大30W出力できるUSB-Cを2つそなえ、MacBook Air/Proでも急速充電できる待望のノートPC対応仕様。

充電器使用なら、2・3ポート使用時でも合計最大65Wまで対応し、Galaxy S21のようなPPS対応スマホなら超急速充電も可能となっています。

マクリン
コンセントプラグ付きモバイルバッテリーでは最強の出来!

そこで本記事は、外観を紹介して類似品と比較した後、出力面を紹介していきます。

メリット
  • USB-Cが最大65W出力対応
  • PPS対応
  • 低電流モード搭載
  • 2種類の入力方法に対応
デメリット
  • 大きい
  • モバイルバッテリー使用時だと合計最大15Wに制限
  • USB-C充電時はパススルー非対応
ご提供品
本記事はアンカー・ジャパン様から商品を提供いただき作成しています。
この記事の著者
マクリン

ガジェットブロガー

マクリン

Makurin

プロフィール

いや、俺なんてそんな、どこにでもいるただのマクリンですよ。当サイトでは、さまざまなガジェット・家電をレビューしています。「Yahoo! JAPANクリエイターズプログラム」のモノ/ガジェットクリエイターとしても活動し、22年4月には書籍「マクサン式Webライティング実践スキル大全」を出版。株式会社makuri 代表取締役。プロフィール詳細レビューガイドライン・理念

Anker 733 Power Bank (GaNPrime PowerCore 65W)の外観と付属品

Anker 733 Power Bank (GaNPrime PowerCore 65W)」は、iPhone 13で約1.9回、MacBook Airでも約0.6回分充電できる、10,000mAhのUSB充電器搭載モバイルバッテリーです。

Anker 733 Power Bank (GaNPrime PowerCore 65W)は10,000mAhのUSB充電器搭載モバイルバッテリー

製品名 Anker 733 Power Bank (GaNPrime PowerCore 65W)
サイズ 約111 × 63 × 31 mm
重さ 約320g
バッテリー容量 10,000mAh
出力ポート数 3(USB-C x 2 / USB-A x 1)
入力 AC 100-240V 50-60Hz 1.63A
5V 3A / 9V 2A / 12V 1.5A(最大18W)
出力(充電器使用時) USB-C1:5V 3A / 9V 3A / 12V 1.5A / 15V 3A / 20V 3.25A(最大65W)
USB-C2:5V 3A / 9V 3A / 15V 3A / 20V 3.25A(最大65W)
USB-A:5V 3A / 9V 2A / 10V 2.25A / 12V 1.5A(最大22.5W)
出力(モバイルバッテリー使用時) USB-C1/2:5V 3A / 9V 3A / 12V 1.5A / 15V 2A / 20V 1.5A(最大30W)
USB-A:5V 3A / 9V 2A / 10V 2.25A / 12V 1.5A(最大22.5W)
合計出力 最大65W(充電器使用時)
最大15W(モバイルバッテリー使用時)

 
外観はGaNPrimeシリーズおなじみのツートーンで、シックで洗練されたデザインに仕上がっています。


 
モバイルバッテリーでありながら、背面には充電器でも使えるコンセントプラグを搭載しています。

Anker 733 Power Bankはコンセントプラグ搭載
 
バッテリー本体の充電はコンセントからとUSB-Cからの2種類に対応しています。



18.3W入力を確認

注意
USB-Cでの本体充電時はパススルー非対応のため、バッテリー本体の充電が優先されます。ACコンセント充電時はパススルーに対応しています。
マクリン
コンセント充電のみのモデルが多かったので、これはありがたい!

サイズは約111 × 63 × 31 mmで、同クラス・同タイプのCIO SMARTCOBY Pro PLUGと並べると、若干大きめなのが分かります。

Anker 733 Power Bankのサイズは約111 × 63 × 31 mm
Anker 733 Power BankとCIO SMARTCOBY Pro PLUGのサイズ比較
マクリン
正直コンパクトとはいえません…。

重量も約320gと若干重め。

Anker 733 Power Bankの重量は約320g
 
上部には電源ボタンがつき、4段階の点灯でバッテリー残量を確認できます。

Anker 733 Power Bankの電源ボタン

 
電源ボタンを2回押すと緑点灯し、イヤホンやスマートウォッチの充電に適した低電流モードに対応しています。

Anker 733 Power Bankの低電流モード
 
付属品は本体と収納ケース、USB-C to Cケーブルです。

Anker 733 Power Bankの付属品

 

CIO SMARTCOBY Pro PLUGとの比較

Anker 733 Power Bank (GaNPrime PowerCore 65W)と同じく、コンセント付きモバイルバッテリーであるCIO SMARTCOBY Pro PLUGとで比較してみました。

製品名 Anker 733 Power Bank
CIO SMARTCOBY Pro PLUG
サイズ 約111 × 63 × 31 mm 約82 x 82 x 35 mm
重さ 約320g 約265g
バッテリー容量 10,000mAh 10,000mAh
出力ポート数 3(USB-C x 2 / USB-A) 2(USB-C / USB-A)
入力方法 ACコンセント / USB-C ACコンセント
USB-C出力 最大65W(充電器使用時)
最大30W(モバイルバッテリー使用時)
最大30W
USB-A出力 最大22.5W 最大22.5W
合計出力 最大65W(充電器使用時)
最大15W(モバイルバッテリー使用時)
最大42W(30W + 12W)
PPS
パススルー充電 (ACコンセント充電時のみ)

同タイプのモバイルバッテリーでは、CIO SMARTCOBY Pro PLUGが一番でしたが、結論からいうと、本機はそれをさらに上回る完成度をもっています。

まず本体充電がACコンセントだけでなく、USB-Cからも可能なのは使いやすいです。

充電器使用時のみに限られますが、ポート出力が一般的なノートPCまでカバーできる最大65W出力なのもポイント高し。

ポート数も3つあるので汎用性ですぐれています。

サイズが大きくて重い点さえ除ければ、きのないのモバイルバッテリーといえるでしょう。

Anker 733 Power Bankのレビュー

Anker 733 Power Bank (GaNPrime PowerCore 65W)の特徴を紹介します。

 

USB-Cは最大65W出力対応でMacBook Pro急速充電可能

Anker 733 Power Bankは、ノートPC充電すらカバーできる、高出力のUSB-Cポートを2つ搭載しています。

Anker 733 Power Bank (GaNPrime PowerCore 65W)は3ポート仕様
 
モバイルバッテリーとしての使用であれば最大30W出力に対応し、MacBook Airなど一部のモバイルノートPCなら急速充電可能です。

Anker 733 Power Bankはモバイルバッテリー使用なら最大30W出力対応でMacBook Air急速充電可能

MacBook Air(28.1W)

 
コンセントに挿して充電器で使うと最大65W出力までアップし、13・14インチMacBook Proまで急速充電できます。

Anker 733 Power Bankは充電器使用なら最大65W出力対応でMacBook Pro急速充電可能

MacBook Pro(62.0W)

マクリン
最大65Wまで対応してるのはすごい…!

公式ではうたわれていませんが、モバイルバッテリー・充電器使用ともにPPSにも対応しています。

超急速充電の充電グラフィックを表示し、20W以上での超急速充電が確認できました。

Anker 733 Power BankはPPS対応

Galaxy S21(20.9W)

 

USB-Aも最大22.5W出力対応

USB-C側だけでなく、USB-A側も最大22.5Wとまあまあの高出力仕様。

スマホなら急速充電は十分可能なので、こちらのポートも活用するといいでしょう。


Galaxy S21(14.1W)

充電器使用なら合計65W、モバイルバッテリー使用なら合計15W出力対応

2ポート・3ポート使用だと出力が若干しぼられるものの、充電器使用なら合計最大65W出力に対応しています。

これだけあれば、MacBookを充電しつつ、スマホ・イヤホンを同時充電といったことも可能です。


MacBook Pro / Galaxy S21(44.2W / 14.1W)

 
モバイルバッテリー使用だと合計15W出力まで落ちちゃうので、スマホ2台同時充電だと通常充電になるので注意ください。


iPhone / Galaxy S21(6.0W / 6.3W)

Anker 733 Power Bankはこんな人におすすめ

Anker 733 Power Bank (GaNPrime PowerCore 65W)は「MacBook Proまで急速充電できる、充電器と一台二役のモバイルバッテリーがほしい人」におすすめです。

USB-Cは30W/65W出力対応かつPPS対応であり、あらゆるデバイスの急速充電に対応できる万能ぶりを発揮します。

バッテリー本体の充電もコンセントとUSB-Cの2種類から選べ、ユーティリティも高いです。

サイズ・重量面のデメリットさえ除けば、このカテゴリーでナンバーワンの完成度といえるでしょう。

Anker 733 Power Bankレビューまとめ

本記事は「Anker 733 Power Bank (GaNPrime PowerCore 65W)をレビュー!MacBook Proも充電可能なバッテリー搭載USB充電器」について書きました。

充電器兼用モバイルバッテリーで欲しい機能が全部入り、まさに理想のモデルに仕上がっています。

どうも、マクリン( @Maku_ring)でした。

メリット
  • USB-Cが最大65W出力対応
  • PPS対応
  • 低電流モード搭載
  • 2種類の入力方法に対応
デメリット
  • 大きい
  • モバイルバッテリー使用時だと合計最大15Wに制限
  • USB-C充電時はパススルー非対応
YouTube
動画でも紹介しています。

CIO SMARTCOBY Pro PLUGをレビュー!スマホもPCも急速充電できるコンセントプラグ付きモバイルバッテリー Anker 511 Power Bank (PowerCore Fusion 5000)をレビュー!コンパクトなUSB充電器とモバイルバッテリー一体型モデル 【Anker PowerCore Fusion 10000レビュー】20W出力のPD対応USB-Cをもつ充電器一体型モバイルバッテリー 【2022年】モバイルバッテリーのおすすめとその選び方【PD・Qi対応・大容量・薄型】【2022年】モバイルバッテリーのおすすめとその選び方【PD・Qi対応・大容量・薄型】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。