楽天お買い物マラソンにエントリー

Anker 727 Charging Station (GaNPrime 100W)をレビュー!スマートな6-in-1のUSBポート付き卓上電源タップ

評価:4

自宅でも多くのUSB機器と共存しているマクリン( @Maku_ring)です。

これだけのデバイスをつなぐなら、欠かせないのがUSB充電器電源タップ

マクリン
多くのデバイスをつなぎたいけど、机の上がゴチャゴチャするのはイヤですよね…?

ACコンセントもUSBポートもそれなりの数つなごうとすると、どうしても大型の電源タップやUSB充電器が必要になります。

この問題を一気に解決する、スマートなUSBポート付き卓上電源タップが、Ankerの「Anker 727 Charging Station (GaNPrime 100W)」です。

Anker 727 Charging Station (GaNPrime 100W)の外箱

iPhoneと同程度のスリム形状で場所をとらないのにくわえ、USB-C・USB-A・ACコンセントを各2個ずつそなえるなど、インターフェースもかなり豊富。

USB-Cは単ポート最大100W、ACコンセントふくめた合計最大出力は1,000Wであり、ノートPCから小型家電までカバーする盤石ぶり。

そこで本記事は「Anker 727 Charging Station (GaNPrime 100W)をレビュー!スマートな6-in-1のUSBポート付き卓上電源タップ」について書いていきます。

メリット
  • iPhoneと同程度のコンパクト設計
  • USB-Cは100W出力対応
  • 2つのACコンセントを搭載
  • 合計最大1,000W出力
  • ACコンセントふくめ最大6台の同時充電に対応
デメリット
  • 1万円以上する
  • ACコンセント間が若干狭い
  • PPS非対応
  • USB-Aの出力がやや控えめ
ご提供品
アンカー・ジャパン様から商品を提供いただき作成しています。
この記事の著者
マクリン

ガジェットブロガー

マクリン

Makurin

プロフィール

いや、俺なんてそんな、どこにでもいるただのマクリンですよ。当サイトでは、さまざまなガジェット・家電をレビューしています。「Yahoo! JAPANクリエイターズプログラム」のモノ/ガジェットクリエイターとしても活動し、22年4月には書籍「マクサン式Webライティング実践スキル大全」を出版。株式会社makuri 代表取締役。プロフィール詳細レビューガイドライン・理念

Anker 727 Charging Station (GaNPrime 100W)の外観と付属品

Anker 727 Charging Station (GaNPrime 100W)」は、最大6台の機器を充電可能な、ACコンセント付きUSB急速充電器です。

Anker 727 Charging Station (GaNPrime 100W)は6-in-1のACコンセント付きUSB急速充電器

製品名 Anker 727 Charging Station (GaNPrime 100W)
サイズ 約161 × 79 × 18 mm
重さ 約400g
出力ポート数 6(ACコンセント x 2 / USB-C x 2 / USB-A x 2)
AC定格電圧・電流 100-125V 50/60Hz 10A(合計最大1,000W)
USB出力 USB-C:5V 3A/9V 3A/15V 3A/20V 5A(最大100W)
USB-A:5V 3A(単ポート利用時最大12W / 2ポート使用時最大15W)

 
外観はGaNPrimeシリーズおなじみのツートーン。


1,000WのACコンセント2つふくめ、計6つのインターフェースを搭載するにもかかわらず、フラットでスリムに仕上がっています。

サイズは約161 × 79 × 18 mmで、iPhone 13 Proより少し長い程度におさまっています。

Anker 727 Charging Station (GaNPrime 100W)のサイズは約161 × 79 × 18 mm

 
底面には単ポート最大100W出力のPD対応USB-Cと最大12W出力のUSB-Aを2つずつ搭載しています。

Anker 727 Charging Station (GaNPrime 100W)のUSBポート面
 
USB-Cポートのみ接続したときは最大100Wまで出力でき、接続ポート数によって出力が上手く配分されます。

USB-C 1 USB-C 2 USB-A 1 USB-A 2 Total
100W 100W
100W 100W
12W 12W
12W 12W
65W 30W 95W
45W 15W 60W
30W 15W 45W
45W 30W 15W 90W
MEMO
公式には記載されていませんが、4ポート使用時はUSB-Aの15WをUSB-A 2ポートに分け合うものと思われます。
 
通常使用時は前面ロゴ周りのLEDが白点灯、90〜100Wの高出力時は青点灯します。

Anker 727 Charging Station (GaNPrime 100W)のLEDが白点灯
Anker 727 Charging Station (GaNPrime 100W)のLEDが青点灯
注意
高出力時でもLEDが青点灯しないことがあります。
 
重量はケーブルふくめて約391gであり、そこそこ重め。


 
ケーブル長は約1.5mと取り回しは十分。


Anker 727 Charging Stationのレビュー

Anker 727 Charging Station (GaNPrime 100W)の特徴を紹介していきます。

 

USB-Cは単ポート最大100W出力に対応

USB-Cは1ポート接続だと最大100W出力に対応し、MacBook Pro (16インチ、2021)ふくむ、あらゆるノートPCの急速充電に対応しています。

Anker 727 Charging Station (GaNPrime 100W)のUSB-Cは最大100W出力対応

 
スマホの急速充電にももちろん対応していますが、PPSには非対応です。


 
USB-A側は単ポート最大12Wと控えめで、スマホによっては通常充電になることもあります。

Galaxy S21(8.6W)

 

複数ポート使用時は最大95W出力対応

USB-Cの2ポート接続時は65Wと30Wに分配され、MacBook Pro(13インチ / 14インチ)とMacBook Airのように、ノートPC 2台の同時急速充電も可能です。


MacBook Pro 14 / Air(65W / 26.6W)

 
USB-CとAでは45Wと15Wに分かれ、ノートPC + スマホの組み合わせで充電できます。


MacBook Air / Galaxy S21(35W / 8.8W)

 
3・4ポート接続時は2つのUSB-Cに45Wと30Wを分配しつつ、残り15WをUSB-A 1つもしくは2つで分け合う形のため、MacBook Air / Pro(13 / 14インチ)を充電しつつ1/ 2台のモバイル機器を同時充電可能です。


注意
USB-A側の出力は大きくないため、スマホだと通常充電になることもあります。
マクリン
ただの4ポート充電器として考えても使い勝手良好!

ACコンセントを組み合わせれば最大6台同時充電に対応

Anker 727 Charging Station (GaNPrime 100W)はACコンセントに挿すと、コンセント部が若干せり出すようになっています。


Anker 727 Charging Station (GaNPrime 100W)にACコンセントを挿した状態
 
プラグとプラグの間隔がやや狭いのが気になるところですが、MacBookのアダプターだと少し余裕がある感じでした。


 
Anker Nano IIシリーズのように40mm幅の充電器同士の組み合わせでちょうどピッタリで、高出力アダプターだと気をつける必要がありそうです。



 
USB-Cだと出力が足りない場合でも、ACコンセントを組み合わせれば合計最大1,000W出力まで対応できるので、ノートPCはもちろん、ディスプレイや小型家電まで対応可能。

Anker 727 Charging Station (GaNPrime 100W)のACコンセントで2台のノートPCを充電

注意
キッチン家電やドライヤーは1,000Wを超えるため、本機では対応不可です。
 
ACコンセントに4つのUSBポートを合わせれば、最大6台の機器を同時充電でき、限られたデスクスペースでも使いやすい充電ステーションを形成できちゃいます。

Anker 727 Charging Station (GaNPrime 100W)で6台同時充電している状態

マクリン
これだけスリムで多ポートなのはありがたいですね!

Anker 727 Charging Stationはこんな人におすすめ

Anker 727 Charging Station (GaNPrime 100W)は「スリムな卓上電源タップ&USB充電ステーションがほしい人」におすすめです。

iPhoneとほぼ同程度のフラット設計ながら、USB-C・USB-A・ACコンセントと全インターフェースをそなえ、スマートに設置したい人に最適。

USB-Cポートの出力も最大100Wと高く、コンセントと組み合わせれば、オフィス機器の出力制限とはほぼ無縁です。

USB-A側の出力が控えめだったり、PPS非対応1万円以上するといった弱点はあるものの、似たような商品が他になかなかない点はポイントが高いです。

Anker 727 Charging Stationレビューまとめ

本記事は「Anker 727 Charging Station (GaNPrime 100W)をレビュー!スマートな6-in-1のUSBポート付き卓上電源タップ」について書きました。

Anker 727 Charging Station (GaNPrime 100W)はスリム仕様なのにくわえ、USBなら最大100W出力、ACコンセントふくめて最大1,000W出力を実現し、モバイルから小型家電まで柔軟に対応できます。

どうも、マクリン( @Maku_ring)でした。

メリット
  • iPhoneと同程度のスリム設計
  • USB-Cは100W出力対応
  • 2つのACコンセントを搭載
  • 合計最大1,000W出力
  • ACコンセントふくめ最大6台の同時充電に対応
デメリット
  • 1万円以上する
  • ACコンセント間が若干狭い
  • PPS非対応
  • USB-Aの出力がやや控えめ
Anker 737 Charger (GaNPrime 120W)をレビュー!120Wクラスの3ポートUSB充電器 Anker 735 Charger (GaNPrime 65W)をレビュー!出力自動振り分けに対応する3ポートUSB充電器 Anker 733 Power Bank (GaNPrime PowerCore 65W)をレビュー!MacBook Proも充電可能なバッテリー搭載USB充電器 【決定版】MacBook AirとProの代用充電器のおすすめをまとめてみた! 【おすすめ】今すぐ買うべきUSB急速充電器20選【スマホからPD対応まで】【おすすめ】今すぐ買うべきUSB急速充電器20選【スマホからPD対応まで】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。