楽天お買い物マラソンにエントリー

Anker 511 Power Bank (PowerCore Fusion 5000)をレビュー!コンパクトなUSB充電器とモバイルバッテリー一体型モデル

評価:3.5

充電器モバイルバッテリーを常備しているマクリン( @Maku_ring)です。

僕のように両方使う人に適しているのが、1台2役をになうハイブリッド設計のUSB充電器搭載モバイルバッテリー

外で使うときはモバイルバッテリー、コンセント付きの環境なら充電器として使えるので重宝します。

マクリン
ただ、このタイプのモバイルバッテリーってかさばるんですよね……。

ここに来て登場したスティックタイプの一体型モデルが、Ankerの「Anker 511 Power Bank (PowerCore Fusion 5000)」です。

Anker 511 Power Bank (PowerCore Fusion 5000)の外箱

同タイプで初のリップスティック型を採用し、ストラップ付きで持ち運びに配慮しています。

バッテリー容量はiPhone 13が約1回充電可能な5,000mAhをそなえ、USB-Cは最大20W出力に対応しています。

コンセントに挿してバッテリー本体を充電しつつ、充電器でも使えるパススルー充電にも対応しています。

そこで本記事は、外観を紹介して類似品と比較した後、出力面を紹介していきます。

メリット
  • リップスティック型
  • USB-Cが最大20W出力対応
  • パススルー充電対応
デメリット
  • ポート数が少ない
  • コンセントに挿すと隣のコンセントを塞いでしまう
ご提供品
本記事はアンカー・ジャパン様から商品を提供いただき作成しています。
この記事の著者
マクリン

ガジェットブロガー

マクリン

Makurin

プロフィール

いや、俺なんてそんな、どこにでもいるただのマクリンですよ。当サイトでは、さまざまなガジェット・家電をレビューしています。「Yahoo! JAPANクリエイターズプログラム」のモノ/ガジェットクリエイターとしても活動し、22年4月には書籍「マクサン式Webライティング実践スキル大全」を出版。株式会社makuri 代表取締役。プロフィール詳細レビューガイドライン・理念

Anker 511 Power Bank (PowerCore Fusion 5000)の外観と付属品

Anker 511 Power Bank (PowerCore Fusion 5000)」は、5,000mAhのUSB充電器搭載モバイルバッテリーです。

Anker 511 Power Bank (PowerCore Fusion 5000)は5,000mAhのUSB充電器搭載モバイルバッテリー

製品名 Anker 511 Power Bank (PowerCore Fusion 5000)
サイズ 約113 × 30 × 30 mm
重さ 約168g
バッテリー容量 5,000mAh
出力ポート数 1(USB-C x 1)
入力 AC 100-240V 50-60Hz 3.33A
出力(USB-C) 5V 3A / 9V 2.22A(最大20W)

 
外観はリップスティック形状であり、光沢感あるピアノブラック塗装との切り返しで、洗練された雰囲気に仕上がっています。

Anker 511 Power Bank (PowerCore Fusion 5000)はリップスティック形状
 
ただし、この部分は指紋が目立ちます


 
上面にはめずらしいストラップも搭載し、携帯性にすぐれています。

Anker 511 Power Bankはストラップ搭載
 
背面には充電器として使えるコンセントプラグを搭載しています。

Anker 511 Power Bank (PowerCore Fusion 5000)はコンセントプラグ搭載
 
バッテリー本体の充電はコンセントからのみに対応しています(約2.5時間でフル充電完了)。


 
前面には電源ボタンがつき、ボタンを押すと4段階の点灯でおおよそのバッテリー残量が分かります。

Anker 511 Power Bankの電源ボタン

 
サイズは約30 × 30 x 113mmで、同タイプとならべると、本機がいかにスリムかが分かります。


 
重量は約168gです。


 

Anker PowerCore III Fusion 5000・PowerCore Fusion 10000・CIO SMARTCOBY Pro PLUGとの比較

Anker 511 Power Bankならびに同じコンセント付きモバイルバッテリーのPowerCore III Fusion 5000PowerCore Fusion 10000SMARTCOBY Pro PLUGで比較してみました。

製品名 Anker 511 Power Bank
PowerCore III Fusion 5000
PowerCore Fusion 10000
SMARTCOBY Pro PLUG
サイズ 約30 × 30 x 113mm 約78 x 72 x 30 mm 約82 x 82 x 35 mm 約79 × 79 × 26 mm
重さ 約168g 約181g 約281g 約265g
バッテリー容量 5,000mAh 4,850mAh 9,700mAh 10,000mAh
出力ポート数 1(USB-C) 2(USB-C / USB-A) 2(USB-C / USB-A) 2(USB-C / USB-A)
入力方法 ACコンセント ACコンセント ACコンセント ACコンセント
USB-C出力 最大20W 最大18W 最大20W 最大30W
USB-A出力 最大12W 最大12W 最大22.5W
合計出力 最大20W 最大15W(10W + 5W) 最大15W(7.5W + 7.5W) 最大42W(30W + 12W)
PPS対応
パススルー充電

本機は4製品のなかで唯一のスティック形状であり、コンパクトで持ち運びに適しています。

ポート数がUSB-Cのみと少ないものの、最大20W出力であらゆるスマホが急速充電可能です。

ただし、出力にこだわるならSMARTCOBY Pro PLUGがおすすめで、PPS最大30W出力に対応し、ノートPC充電までカバーしています。

パワフルさではSMARTCOBYにゆずるものの、Anker 511 Power Bankパススルー充電に対応し、充電器用途でも使いやすいモデルに仕上がっています。

Anker 511 Power Bankのレビュー

Anker 511 Power Bankの特徴を紹介します。

 

USB-Cは最大20W出力対応

Anker 511 Power Bank最大20W出力のPD対応USB-Cを搭載しています。

Anker 511 Power Bankは最大20W出力のPD対応USB-C搭載
 
最大20WなのでiPhone 12/13シリーズの高速充電(30分で50%充電)に対応しています。


iPhone 13(19.1W)

 
PPSには非対応なものの、Androidスマホの急速充電にも対応しています。


Galaxy S21(14.3W)

 

パススルー充電に対応

本機はパススルー充電に対応し、本体充電しながらのデバイス充電が可能です。

iPhone 13(11.5W)

パススルー充電時は最大15W出力に制限されるようで、モバイルバッテリー使用時にくらべて出力が抑えられます。

とはいえパススルー充電は、充電器用途で使う機会が多いのであればかなり重宝します。

ただ一点気になったのが、コンセントプラグに対するUSBポートの位置です。

一般的な壁コンセントに挿すと隣のコンセントまではみ出してしまい、その状態でケーブルを挿すと2つのコンセントが使用できない状態になってしまいます。



この部分は「USBポートの位置を前面に変える」「天面の飛び出しをおさえる」などし、隣接するコンセントをふさがない配置にしてほしかったところです。

Sponsored Links

 

Anker 511 Power Bankはこんな人におすすめ

Anker 511 Power Bankは「コンパクトな充電器兼用モバイルバッテリーがほしい人」におすすめです。

スティック形状で携帯性にすぐれているのにくわえ、20W出力対応で全スマホが急速充電できます。

USBポートの位置とポート数が少ない点は気になるものの、5,000mAhクラスの同タイプではすぐれたモデルです。

ただし、バッテリー容量や出力、PPS対応などにこだわるなら、SMARTCOBY Pro PLUGもおすすめします。

Anker 511 Power Bankレビューまとめ

本記事は「Anker 511 Power Bank (PowerCore Fusion 5000)をレビュー!コンパクトなUSB充電器とモバイルバッテリー一体型モデル」について書きました。

Anker 511 Power Bank (PowerCore Fusion 5000)は、同タイプ初のリップスティック型を採用し、持ち運びに配慮された充電器兼用モバイルバッテリーです。

シンプルな仕様であるがゆえに、ひとつあれば重宝するアイテムに仕上がっています。

どうも、マクリン( @Maku_ring)でした。

メリット
  • リップスティック型
  • USB-Cが最大20W出力対応
  • パススルー充電対応
デメリット
  • ポート数が少ない
  • コンセントに挿すと隣のコンセントを塞いでしまう
CIO SMARTCOBY Pro PLUGをレビュー!スマホもPCも急速充電できるコンセントプラグ付きモバイルバッテリー 【Anker PowerCore Fusion 10000レビュー】20W出力のPD対応USB-Cをもつ充電器一体型モバイルバッテリー 【Anker PowerCore III Fusion 5000レビュー】PDとQC対応USB-Cを搭載する充電器一体型モバイルバッテリー 【2022年】モバイルバッテリーのおすすめとその選び方【PD・Qi対応・大容量・薄型】【2022年】モバイルバッテリーのおすすめとその選び方【PD・Qi対応・大容量・薄型】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。