Amazonチャージで千円もらえるキャンペーン

【超大容量】おすすめの20000mAhモバイルバッテリー人気5選【ノートPC充電可能】

 
どうも、10台以上のモバイルバッテリーを所有するマクリン( @Maku_ring)です。
 
数あるモバイルバッテリーの中でも、ノートPCやiPad Proの充電まで視野に入れるなら、出力の高いPower Delivery(PD)対応のUSBタイプC(USB-C)ポート搭載モデルでなくてはなりません。

また、MacBookのバッテリー容量が約20,000mAhであるため、20,000mAhクラスであることも求められてきます。

本記事では20,000mAhクラスの超大容量モバイルバッテリーでも人気のおすすめ5製品にしぼって紹介します。
 

おすすめの20000mAhモバイルバッテリー5選

一見同じに見える、20000mAhの超大容量モバイルバッテリー。

ですが、それぞれ異なる特徴を持っています。

本記事でおすすめするモバイルバッテリーは、以下のポイントに着目して選びました。

おすすめのモバイルバッテリー

それでは数あるモバイルバッテリーから、僕も愛用している「おすすめの20000mAhモバイルバッテリー」にしぼってご紹介します。
 

1. Anker PowerCore Speed 20000 PD

Anker PowerCore Speed 20000 PD」は20,100mAhのモバイルバッテリーです。

Anker PowerCore Speed 20000 PD
 
大容量にもかかわらず、サイズは約168 x 62 x 22mmとかなりコンパクト。

Anker PowerCore Speed 20000PDは重さ約360gの最軽量モバイルバッテリー
 
重さも約368gと、同クラスでは最軽量に抑えています。

Anker PowerCore Speed 20000 PDの重さは約360g

マクリン
20,000mAhクラスのモバイルバッテリーで業界最小最軽量
 

本製品のおすすめポイントは、バッテリー本体にくわえ、USBタイプC急速充電器「Anker PowerPort Speed 1 PD30」が付いていること。

Anker PowerCore Speed 20000 PDはUSB-C急速充電器(ACアダプター)付き
 
こちらの充電器は30W出力可能なPD対応であるため、バッテリー本体が約3.5時間で満充電できちゃいます(この容量ではかなり早い)。

MEMO
30WはMacBook/Airなら急速充電、MacBook Proでも通常充電できる出力です。
 
充電器はそのままMacBook用のACアダプターとしても使えてかなり便利。

Anker PowerCore Speed 20000 PDのUSB-C急速充電器は30W出力対応のPD対応USBタイプC端子搭載
 
本製品はデバイス充電用にUSBタイプAとタイプC(PD)、2種類の出力端子を備えています。

Anker PowerCore Speed 20000 PDはUSBタイプAとタイプCを搭載
 
USB-Cは入出力両方の機能をあわせ持ち、ひとつの端子でバッテリー本体の充電ならびにデバイスへの充電が可能です。

Anker PowerCore Speed 20000 PDはUSBタイプCを搭載
Anker PowerCore Speed 20000 PDはUSBタイプCを搭載
MEMO
USBの出力は最大24Wで、MacBookとAirなら急速充電ができます。
 
USBタイプAは、Ankerの独自技術「PowerIQ」対応で、デバイスごとに適正な電流値に合わせてくれます。

急速充電の電流値

  • スマホ 1.0A
  • タブレット  1.5A

Anker x スマホ(1.02A)

Anker x タブレット(1.66A)

マクリン
Anker PowerCore Speed 20000 PDは軽量小型で、実用性にすぐれたモバイルバッテリー!
Point
  • 20,000mAhクラスで最小最軽量
  • 最大24WのPD対応USB-C搭載
  • PowerIQ対応USB-A搭載
  • 最大30WのPD対応USB充電器付き

Anker PowerCore Speed 20000 PDレビューはこちら

【Anker PowerCore Speed 20000 PDレビュー】MacBook充電可の最軽量モバイルバッテリー【ACアダプタ付き】  

2. RAVPower RP-PB059

RAVPower RP-PB059」は20,100mAhのモバイルバッテリーです。

RAVPower RP-PB059は20,100mAhのモバイルバッテリー
 

前述のコンパクトバッテリー「Anker PowerCore Speed 20000 PD」と比較するとサイズ差は少しあります(172 x 80 x 20cm)。

RAVPower RP-PB059とAnker PowerCore Speed 20000PDのサイズ比較

マクリン
重さは約372gで、最軽量モデルのAnker(約368g)とほとんど変わりませんよ!
 
入出力端子はMicro USBとUSB-C(PD)、それからUSB-A x 2を備えています。

RAVPower 20100mAh Type-C モバイルバッテリーはUSBタイプA x 2とUSBタイプC x 1搭載
 
本体充電はMicro USBとUSB-Cの2種類から選べ、USB-Cはデバイス充電も可能です。

RAVPower 20100mAh USB Type-CモバイルバッテリーのUSBタイプC端子は入出力双方の機能
RAVPower 20100mAh USB Type-CモバイルバッテリーのUSBタイプC端子は入出力双方の機能
MEMO
USBの出力は最大30Wで、MacBookとAirなら急速充電ができます。
 
2口のUSB-AポートはRAVPowerの給電技術「iSmart2.0」を搭載しており、デバイスによって急速充電に必要な電流値を自動で合わせてくれます。

スマホ(1.13A)

タブレット(1.35A)

 

またRAVPower RP-PB059のユニークな機能として、USBハブ機能を備えています。

USBハブ機能とは「USB機器を接続できるポートを増やす機能」のことです。

ボタンを2回素早く押すことで「データ転送モード(USBハブ)」と「急速充電モード」に切り替わります。

RAVPower RP-PB059はUSBハブ機能も搭載
 
USB-CをPCと接続することで、2つのUSB-Aをハブ用のUSBポートとして使うことができます。



マクリン
USBメモリはもちろん、スマホやマウス・ドライブもつなぐことができますよ!
Point
  • 最大30WのPD対応USB-C搭載
  • iSmart2.0対応USB-A x 2搭載
  • 本体充電がMicro USBとUSB-Cから選べる
  • USBハブ機能付き

RAVPower RP-PB059レビューはこちら

【RAVPower RP-PB059レビュー】ハブ機能付きのPD対応USB-C搭載20100mAhモバイルバッテリー  

3. RAVPower RP-PB159

RAVPower RP-PB159」は20,100mAhのモバイルバッテリーです。

RAVPower RP-PB159の外観
 
デバイス充電用にPD対応USB-CとUSB-Aを備え、中でもUSB-Cは45Wと最高クラスの出力

RAVPower RP-PB159はPD対応USB-CとUSB-A搭載
 

3種類の端子を備えるだけあり、2ポートのAnker PowerCore Speed 20000 PDと比べ、サイズはやや幅広(160 x 78 x 23mm)です。

RAVPower RP-PB159のサイズ
 
重さは約399gで、20,000mAhクラスとしては標準的な重量。

RAVPower RP-PB159の重さ
 

RAVPower RP-PB159本体充電用に2種類の端子(USB-C/Micro USB)を備えています。

RAVPower RP-PB159の本体充電ポートは2種類

マクリン
充電端子が2種類選べるのは便利!
 
デバイス充電用にはUSB-AとUSB-C(PD)を備えています。

RAVPower RP-PB159は高機能なUSB-CとUSB-A搭載
 
USB-C端子は本体充電・デバイス充電ともに可能で、入出力両方の機能を備えています。

RAVPower RP-PB159のPD対応USB-C端子は本体充電もデバイス充電も可能
 
特筆すべきはその出力。

モバイルバッテリーとしては最高クラスの最大45Wに対応しており、MacBook Pro・Nintendo Switchなど、高出力を要するデバイスの充電も余裕です。

RAVPower RP-PB159はモバイルバッテリーとしては最高クラスの最大45Wに対応
 

ためしにUSB-C電圧電流チェッカーで、RAVPower RP-PB159とMacBook Pro純正充電器のワット数(電流 x 電圧)を比較したところ、両者ほぼ変わらない値を示していました。

RAVPower(35.5W)

Mac純正(35.2W)

 

USB-AはRAVPower独自技術「iSmart2.0」に対応しており、Ankerと同じく、デバイスごとに最適な電流値に合わせてくれます。

RAVPower x スマホ(1.25A)

AUKEY x タブレット(1.82A)

 
超大容量にして高機能。

RAVPower RP-PB159はノートPCふくめ、様々なデバイスを充電できる環境を得たいなら、迷わず買うべきモバイルバッテリーです。

Point
  • 同クラス最高の45W出力のPD対応USB-C搭載
  • iSmart2.0対応USB-A搭載
  • 本体充電がMicro USBとUSB-Cから選べる

RAVPower RP-PB159レビューはこちら

【RAVPower RP-PB159レビュー】45WのPD対応USB-CとUSB-A搭載の大容量モバイルバッテリー【20100mAh】  

4. Anker PowerCore+ 19000 PD

Anker PowerCore+ 19000 PD」は19,200mAhのPD対応モバイルバッテリーです。

Anker PowerCore+ 19000 PDは19,200mAhのPD対応モバイルバッテリー
 
表面はキズの目立ちにくいアルミ製のマット加工、裏面はすべりにくいゴム加工が施されています。

Anker PowerCore+ 19000 PDの表面はマット加工
Anker PowerCore+ 19000 PDの裏面はゴム加工
マクリン
ビジネスシーンに合う上質感と機能美を備えてますよ!
 
端子はUSB-A x 2とUSB-Cを搭載しています。

Anker PowerCore+ 19000 PDはUSB-CとUSB-A搭載
 
3つの端子を備えているだけあって、サイズはそれなりに大きいです(約169 x 77 x 22mm)。

Anker PowerCore+ 19000 PDのサイズは約169 x 77 x 22mm
 
手に持ったイメージは小型の長財布くらい。握った触感はしっとりしており、ホールド感もかなり良い感じです。


 

重量比較のために前述の「RAVPower RP-PB159」と「Anker PowerCore Speed 20000 PD」を並べてみました。

Anker PowerCore+ 19000 PD

RAVPower RP-PB159

PowerCore Speed 20000 PD

同クラスで唯一、USBハブ機能と3ポートを同時搭載している分、Anker PowerCore+ 19000 PDがもっとも重いです(約422g)。

特筆すべき点はAnker PowerCore Speed 20000 PDと同じく、急速充電器「Anker PowerPort Speed 1 PD30」が付いていること。

Anker PowerPort Speed 1 PD30
 
PD対応の充電器なので、モバイルバッテリー本体が約3.5時間で満充電できちゃいます。


 
Anker PowerCore+ 19000 PDは最大10W出力と15W出力、2種類のUSB-Aポートを備えています。

Anker PowerCore+ 19000 PDは2種類のUSBタイプAを搭載

10W出力のUSBポートは「PowerIQ」、15W出力のポートは「PowerIQ 2.0」を搭載しています。

いずれも「デバイスに応じて最適な電流で急速充電する機能」ですが、PowerIQ 2.0はQuick Charge対応品までカバーするすぐれもの。

PowerIQ対応の10W出力USBポートは、スマホ・タブレットともそれぞれに合った電流値となっています。

PowerIQ x スマホ(0.93A)

PowerIQ x タブレット(1.48A)

 
PowerIQ 2.0対応の15W出力USBポートは、PowerIQにくらべて高出力であり、大きな値を示していました。

PowerIQ 2.0 x スマホ(1.56A)

PowerIQ 2.0 x タブレット(1.88A)

フル充電まで早めに持っていきたいデバイスやタブレットは、PowerIQ 2.0対応USBを使うのがベターでしょう。

マクリン
ワット数2種類のUSB-Aポートを備えるモバイルバッテリーはめずらしく、使い勝手もかなり良いですよ!
 
USB-Cポートは入出力の機能を備えており、本体充電・デバイス充電の双方に対応しています。

Anker PowerCore+ 19000 PDはPD対応USBタイプCを搭載
 
出力は最大27Wであり、MacBook・MacBook Airなら急速充電できるワット数です。

Anker PowerCore+ 19000 PDのUSB-Cは最大27W
 
MacBook Pro充電時のワット数(電流 x 電圧)を計測したところ、約22Wと最大値に迫る充分な値を示していました。

MacBook Pro(22.4W)

 
また3ポート合計で52Wの出力に対応しています。

Anker PowerCore+ 19000 PDは3ポート計52Wに対応

52Wは、PowerIQ対応USB-A(最大10W)とPowerIQ 2.0対応USB-A(最大15W)、それからPD対応USB-C(最大27W)を合わせたワット数と同じ値。
 

マクリン
つまり3台同時につなげてもフルスピードで充電できちゃいます!

Anker PowerCore+ 19000 PDのユニークな機能がUSBハブ


 
電源ボタンを2秒間押すことで「USBハブモード」に切り替わります。


 
USBハブモードにした上で、USB-CポートをPCとつなぐことで、USB-Aをハブ用のUSBポートとして使うことができます。

Anker PowerCore+ 19000 PDはUSBハブ機能搭載
Anker PowerCore+ 19000 PDはUSBハブ機能搭載
注意
USBハブモード時、PowerIQ 2.0対応USB-Aポートは最大10W出力となります。
 

モバイルバッテリーでUSBハブ機能を備えているのは、Anker PowerCore+ 19000 PDとRAVPower RP-PB059のみです。

マクリン
さらに急速充電器付きとなると、Anker PowerCore+ 19000 PD一択ですよ!
Point
  • 最大27WのPD対応USB-C搭載
  • PowerIQ対応USB-AとPowerIQ 2.0対応USB-A搭載
  • 3台同時フルスピード充電可能
  • 最大30WのPD対応USB充電器付き
  • USBハブ機能付き

Anker PowerCore+ 19000 PDレビューはこちら

【Anker PowerCore+ 19000 PDレビュー】ハブ機能付きのPD対応超大容量モバイルバッテリー【19200mAh】  

5. Belkin Boost Charge モバイルバッテリー

Belkin Boost Charge モバイルバッテリー」は、20,100mAhの超大容量モバイルバッテリーです。

Belkin Boost Charge モバイルバッテリーの外観
 
本体&デバイス充電用にPD対応USB-C、デバイス充電用にUSB-Aを備え、中でもUSB-Cは30Wと高出力。

Belkin Boost Charge モバイルバッテリーはPD対応USB-CとUSB-A搭載

30WはMacBookとMacBook Airなら急速充電できる出力です。

外装はスマートで美しく、表面はアルミ素材にシリコン吹き付け塗装、裏面は金属っぽい光沢を帯びた樹脂で、いずれも指紋のつきにくい仕上がりとなっています。

Belkin Boost Charge モバイルバッテリーの表面
Belkin Boost Charge モバイルバッテリーの裏面

サイズは約155 x 77.6 x 23mmと、手のひら大の大きさとなっています。

Belkin Boost Charge モバイルバッテリーのサイズ
Belkin Boost Charge モバイルバッテリーのサイズ

重さは約411gで、20,000mAhクラスとしては標準的な重量。

Belkin Boost Charge モバイルバッテリーの重量
 
Belkin Boost Charge モバイルバッテリー30Wの入力までカバーしています。

30W以上のPD対応USB充電器と付属のUSB-Cケーブルを組み合わせることで、約3.5時間の高速満充電が可能です。

Belkin Boost Charge モバイルバッテリーは約3.5時間の高速満充電が可能

PowerPort III mini x Belkin(29.8W)

 
USB-CからiPhoneを充電する場合は「Belkin DuraTek Plus USB-C to ライトニングケーブル」がおすすめです。

Belkin DuraTek Plus USB-C to ライトニングケーブル

マクリン
防弾チョッキや消防服にも使われる、高耐久のアラミド繊維を使用してるからめちゃめちゃ丈夫!

こちらのケーブルを組み合わせれば、iPhoneが約30分で50%に到達する高速充電に対応しています。

Belkin Boost Charge モバイルバッテリーはiPhoneが約30分で50%に到達する高速充電に対応
 

USB-C電圧電流チェッカーでiPhone XS充電時のワット数(電流 x 電圧)を確認したところ、20Wを超える値を示していました。

Belkin x iPhone(20.6W)

マクリン
毎分1%ちょっと増えるスピードで、バッテリーがガンガン回復していきますよ!
 
また、最大30W出力に対応し、MacBook AirやSurface Pro、一部のノートPCでも急速充電することができます。

Belkin Boost Charge モバイルバッテリーはMacBook Airや一部のノートPCでも急速充電できる最大30W出力に対応
 
MacBook Air充電時の出力値は最大値に迫る28.4Wで、急速充電されていることが確認できました。

Belkin x MacBook Air(28.4W)

 

Belkin Boost Charge モバイルバッテリーのUSB-Aは、最大12W出力でタブレット(iPad)までの充電に対応しています。

Belkin Boost Charge モバイルバッテリーのUSB-Aは最大12W出力に対応
 
iPad充電時の出力アンペア数を計測した結果、電流値が適切な値に調整されていることが確認できました。

Belkin x iPad(1.57A)

 
Belkin Boost Charge モバイルバッテリーは2ポート合計42Wの出力に対応しています。

Belkin Boost Charge モバイルバッテリーは2ポート合計42W出力に対応

42Wは、PD対応USB-C(最大30W)とUSB-A(最大12W)を合わせたワット数と同じ値。
 

マクリン
つまり2台同時につなげてもフルスピードで充電できちゃいます!

2台接続時(MacBook Air + iPhone)の合計ワット数は約30W以上出ており、いずれも急速充電に必要な出力が出ていました。


 
シンプルながら高性能。

Belkin Boost Charge モバイルバッテリーは、あらゆるデバイスを2台同時に急速充電でき、頼りになる超大容量モバイルバッテリーです。

Point
  • 最大30WのPD対応USB-C搭載
  • 最大12WのUSB-A搭載
  • 2台接続時は最大42Wで同時急速充電可能

Belkin Boost Charge モバイルバッテリーレビューはこちら

【Belkin Boost Charge モバイルバッテリーレビュー】MacBookとスマホが同時急速充電できる超大容量モデル【20100mAh】  

Sponsored Links

 

おすすめの20000mAhモバイルバッテリーまとめ

本記事は「【超大容量】おすすめの20000mAhモバイルバッテリー人気5選【ノートPCも充電可能】」について書きました。

ひとえに大容量モバイルバッテリーといっても、USBポートの数・出力・急速充電器やUSBハブ機能の有無など、その特徴はさまざまです。

用途とデバイスに合わせて、最適なモバイルバッテリーを見つけてください。

なんなら僕みたいに複数台所有するのもアリですw

どうも、マクリン( @Maku_ring)でした。

 

【2019年】モバイルバッテリーの選び方とそのおすすめ品・完全版【大容量・PD対応・薄型・Qi】 【Belkin Boost Charge モバイルバッテリーレビュー】MacBookとスマホが同時急速充電できる超大容量モデル【20100mAh】 【Anker PowerCore Speed 20000 PDレビュー】MacBook充電可の最軽量モバイルバッテリー【ACアダプタ付き】 【RAVPower RP-PB059レビュー】ハブ機能付きのPD対応USB-C搭載20100mAhモバイルバッテリー 【RAVPower RP-PB159レビュー】45WのPD対応USB-CとUSB-A搭載の大容量モバイルバッテリー【20100mAh】 【Anker PowerCore+ 19000 PDレビュー】ハブ機能付きのPD対応超大容量モバイルバッテリー【19200mAh】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

マクナビ